KB2720678-SQL Server 2012 の AMO トレースサブクラスの Id を以前のバージョンに戻すための修正プログラムが用意されています。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

Microsoft は、Microsoft SQL Server 2012 の修正プログラムを1つのダウンロード可能なファイルとして配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとに、以前の SQL Server 2012 fix のリリースに含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。

はじめに

この記事では、SQL Server 2012 の分析管理オブジェクト (AMO) トレースサブクラスの ID を以前のバージョンに戻すための修正プログラムについて説明します。

詳細情報

AMO でトレースを実行するために使用できるサブクラスについて説明する列挙型があります。 列挙型の各値は、ID で表すこともできます。 SQL Server 2012 では、これらの Id の値が変更されます。 たとえば、 Querybeginイベントの trace サブクラス ID は、以前のバージョンの SQL Server の45でした。 ただし、SQL Server 2012 では、そのイベントの ID は62になります。 この修正プログラムを適用すると、Id は以前のバージョンの値に戻されます。

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2012 Service Pack RTM の累積更新プログラム2で最初にリリースされました。この累積的な更新プログラムパッケージの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2703275 SQL Server 2012 の累積的な更新プログラムパッケージ2注: ビルドは累積的であるため、それぞれの新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2012 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。

2692828 SQL Server 2012 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2012 ビルド Microsoft SQL Server 2012 修正プログラムは、特定の SQL Server サービスパック用に作成されます。 Sql server 2012 Service Pack RTM のインストールには、SQL Server 2012 Service Pack RTM ホットフィックスを適用する必要があります。 既定では、SQL Server service pack に含まれているすべての修正プログラムは、次の SQL Server service pack に含まれています。 AMO 他のクラスとメソッドの詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。

AMO 他のクラスとメソッドに関する一般的な情報

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×