KB2809127-FIX: SQL Server 2012 SP1 の適用後に Analysis Services 展開ウィザードツールで接続文字列を編集するとエラーが発生する

現象

Microsoft sql server 管理ツール (Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services ツールを含む) がインストールされているコンピューターに Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) を適用することを前提とします。 Analysis Services 展開ウィザードツールで [構成プロパティの指定] ダイアログボックスを開いて、データソースの接続文字列を編集しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

ファイルまたはアセンブリ ' 8.0.0.0、Culture = ニュートラル、PublicKeyToken = b03f5f7f11d50a3a '、またはその依存関係の1つを読み込めませんでした。 見つかったアセンブリのマニフェスト定義は、アセンブリ参照と一致しません。 (HRESULT からの例外: 0x80131040)

原因

この問題が発生するのは、Microsoft の DataWarehouse ファイルのマニフェストに、"Microsoft データインターフェイス .dll" という誤った参照が含まれているためです。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) の累積更新プログラム3

この問題の修正プログラムは、累積的な更新プログラム3で最初にリリースされました。SQL Server 2012 SP 1 用にこの累積的な更新プログラムパッケージを入手する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2812412 SQL Server 2012 Service Pack 1 の累積更新プログラムパッケージ3注: ビルドは累積的であるため、それぞれの新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2012 SP 1 の修正プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。

2772858 SQL Server 2012 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2012 ビルド

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

この問題を回避するには、次の手順を実行します。

  1. メモ帳などのテキストエディターで、管理者として次の構成ファイルを開きます。

    <システムドライブ>:\Microsoft files (x86) SQL Server\110\Tools\Binn\ManagementStudio\Microsoft.AnalysisServices.Deployment.exe.config

  2. 構成セクションの </スタートアップ> タグの後に、ランタイム XML タグを挿入します。

    <configuration>  <startup>    <requiredRuntime version="v4.0.30319" safemode="true" />  </startup>  <runtime>                <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">                                <dependentAssembly>                                <assemblyIdentity name="Microsoft.Data.ConnectionUI" publicKeyToken="b03f5f7f11d50a3a" culture="neutral"/>                                <bindingRedirect oldVersion="8.0.0.0-9.0.0.0" newVersion="10.0.0.0"/>                                </dependentAssembly>                <dependentAssembly>                                <assemblyIdentity name="Microsoft.Data.ConnectionUI.Dialog" publicKeyToken="b03f5f7f11d50a3a" culture="neutral"/>                                <bindingRedirect oldVersion="8.0.0.0-9.0.0.0" newVersion="10.0.0.0"/>                </dependentAssembly>                </assemblyBinding>   </runtime></configuration>
  3. 構成ファイルを保存します。

  4. Analysisservices.databases を実行し、データベースの展開をもう一度試します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×