この修正プログラムは、Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services (SSRS 2012) と SQL Server 2014 Reporting Services (SSRS 2014) にも適用されます。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Windows Server 2014、Windows Server 2014、Windows Vista、またはそれ以降のバージョンの Windows を実行しているコンピューターで、Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services (SSRS 2008 R2)、SQL Server 2012 Reporting Services (ssrs 2012)、SQL Server 2003 Reporting Services (SSRS 2008) のインスタンスをインストールします。

  • アプリケーションを別のコンピューターで実行している。 アプリケーションは、SQL Server Reporting Services のインスタンスのパフォーマンスカウンターデータをリモートで取得しようとします。

このシナリオでは、SQL Server Reporting Services がインストールされているコンピューターで、リモートレジストリサービスがクラッシュします。 さらに、次のようなエラーメッセージが、SQL Server Reporting Services のインスタンスがインストールされているコンピューターのアプリケーションログに記録されます。

障害 rsctr._unloaded が発生しているアプリケーション名: svchost.exe_RemoteRegistry、バージョン: 6.1.7600.16385、タイムスタンプ: 0X4a5bc3c167versionINSTANCENAME: 0.0.0.0、タイムスタンプ: 0x4bb A29 例外コード: 0xc0000005 障害オフセット: 0x0000000069c5b507 障害が発生しているプロセス Id: 0x1ad0Faulting アプリケーションの開始時刻: 0x01ce2f154b19923bFaulting アプリケーションパス: Drive: \ Windows\system32\svchost.exe fault モジュール path: Perf-ReportServer $INSTANCENAME-------------

さらに、SQL Server のインスタンスがインストールされているコンピューター上の Windows システムログに、次のようなエラーメッセージが記録されます。

日付時刻エラーServerName、7034、Service Control Manager、n/a、n/a、リモートレジストリサービスは予期せず終了しました。 この番号はこの 回数 だけ実行されています。

原因

この問題は、SQL Server Reporting Services のパフォーマンスカウンターで、レジストリキーにアクセスするために RegQueryValueEx API を呼び出すときに、正しくないメソッドが使用されているために発生します。 この動作により、リモートレジストリサービスがクラッシュします。 注: リモートレジストリサービスは、SQL Server Reporting Services のパフォーマンスカウンターを読み込みます。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェアの更新について説明する用語については、こちらを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×