KB2907783-FIX: SQL Server 2014 CTP2 で SQL Server インスタンスの展開をキャンセルしたときに、誤った仮想マシンが削除される

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft azure 環境で Microsoft Azure 仮想マシンを使用している。

  • Microsoft Azure 環境で、sql server データベースを SQL Server Management Studio のMicrosoft AZURE VM ウィザードに展開して、オンプレミスのデータベース (Microsoft SQL Server 2014 コミュニティテクノロジ Preview 2 (CTP2) を展開しようとしました。

  • 新しい仮想マシンを作成してデータベースを展開することを選択します。

  • 何らかの理由で展開が失敗するか、または展開を完了する前にキャンセルした。

このシナリオでは、展開ウィザードは、SQL Server インスタンスを展開しようとした新しい仮想マシンではなく、前の仮想マシンを削除します。

解決方法

この問題の修正プログラムは、 SQL Server 2014 CTP2の修正プログラムパッケージで最初にリリースされました。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×