KB2913102-FIX: SQL Server 2012 をセットアップするときのサービスアカウントの検証に時間がかかる

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Windows ドメインのユーザーアカウントを持っている。

  • Windows ドメインの子ドメインがある。

  • 子ドメインの [Active Directory ドメインコントローラー-LDAP (TCP 受信)] オプションを無効にします。

  • Windows 2008 R2 または Windows 7 以降を実行しているコンピューターで SQL Server セットアップファイルを実行すると、サービスアカウントとしてユーザーアカウントを使用することになります。

このシナリオでは、サービスアカウントの検証に時間がかかります。

原因

この問題は、Windows API Netqueryserviceaccount が繰り返し呼び出され、「Active Directory ドメインコントローラー-LDAP (TCP 受信)」オプションが無効になっているときに、それぞれの通話が完了するまでに80秒以上かかるために発生します。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

注: このクエリは、SQL Server 2000 以降のバージョンのすべてのインスタンスで動作します。この修正プログラムは、sql server のインストール前にインストールできる SQL Server セットアップサポートファイルに含まれています。この修正プログラムは、SQL Server の RTM インストールにも適用されます。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

この問題を回避するには、SQL Server 2012 のスタンドアロンインスタンスをセットアップするときに、ローカルシステムアカウントをサービスアカウントとして使用します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×