KB2968658-FIX: SQL Server 2014 の AlwaysOn セカンダリサイトの CCI にデータを挿入すると、ラッチがタイムアウトする

現象

Microsoft SQL Server 2014 で AlwaysOn 可用性グループ機能を有効にしていることを前提としています。 プライマリサイトのクラスター化された列ストアインデックス (CCI) にデータを挿入して、rowgroups が圧縮された状態に移行すると、セカンダリサイトのREDO スレッドで、次のようなラッチタイムアウトエラーが発生する可能性があります。

ラッチを待機している間にタイムアウトが発生しました。クラス ' COLUMNSTORE_ROWGROUP_COLLECTION '、id 0000005B98112B40、type 4、Task 0x0000000008612CA8: 0、waittime 1200 秒、フラグ0x1a、所有タスク0x0000000008612CA8。 待ち続けています

注:この問題は、読み取り可能なセカンダリレプリカを有効にしている場合に発生する可能性が高くなりますが、この問題の要件ではありません。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×