KB2971611-FIX: SSAS 2008 R2 でのディメンションのプロセス更新中にメモリリークが発生する

現象

Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 (SP2) で累積更新プログラム 7 (CU7) 以降のバージョンが適用されていることを前提としています。 SQL Server Analysis Services (SSAS) でディメンションに対して プロセス更新 操作を実行すると、 メモリ使用量 Kb と クリーナー memory の shrinkable kb のカウンターは増加し続け、解放されません。 この場合、メモリリークが発生します。

原因

この問題が発生するのは、SQL Server 2008 R2 SP2 CU7 で、 プロセスの更新でメモリリークが発生するためです。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×