KB2974948-FIX: SQL server 2012 または SQL Server 2014 でサービスアカウントのパスワードを変更すると、SQL Server リソースがオフラインになる

現象

Microsoft SQL Server 2012 または SQL Server 2014 フェールオーバークラスターを使用していることを前提としています。 SQL Server 構成マネージャーまたは SQL Server WMI プロバイダーを所有者以外のノードで使用して、サービスアカウントのパスワードを変更すると、SQL Server リソースは警告なしでオフラインになります。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

回避策

この問題を回避するには、SQL Server 構成マネージャーまたは SQL Server WMI プロバイダーではなく、services.msc、sc.exe、または Service Control API を使用してパスワードを変更します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×