現象

Microsoft SQL Server 2012 または Microsoft SQL Server 2014 で AlwaysOn 可用性グループ機能を使用すると、 sys.dm_hadr_database_replica_statesビューのLog_Send_Rate列が正常に動作しません。 1秒あたりの指定した時点で、ログレコードがセカンダリデータベースに送信される率を、kb 単位で表すことはできません。 代わりに、ハイウォーターマークが反映されます。 これにより、 Log_Send_Rate 列が同じビューの Log_send_queue_size 列とペアリングされているときに、ドレインレートを決定することができなくなります。さらに、受信セグメント合体 (RSC) ネットワークの最適化が無効になっていると、この列の動作が変化し、値がより頻繁に更新されます。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×