KB3045333-FIX: "C2 監査モード" オプションを有効にして、sp_configure を使って SQL Server を再起動することはできません。

現象

Microsoft SQL Server 2012 または SQL Server 2014 のsp_configureで "c2 監査モード" オプションを1に設定して、c2 監査トレースを有効にすることを前提とします。 SQL Server を初めて再起動した後、"C2 監査モード" オプションを有効にすることはできません。 ただし、SQL Server をもう一度起動すると、C2 監査トレースが正常に動作します。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×