Microsoft は、microsoft SQL Server 2012 の 修正プログラム と microsoft sql server 2014 の修正プログラムをダウンロード可能なファイルとして配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとに、以前の SQL Server 2012 および 2014 fix リリースに含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。

概要

この更新プログラムは、新しい拡張イベント: query_memory_grant_usageを追加します。 この拡張イベントには、次の列 (イベントフィールド) が含まれています。これは、不正確なメモリアクセスのパフォーマンスを検出することを目的としています。

項目

種類

説明

Sql_handle

Varbinary(64)

要求の SQL テキストのハッシュマップ。 は許容されます。

Plan_handle

Varbinary(64)

SQL 実行プランのハッシュマップ。 は許容されます。

Query_hash

Binary(8)

クエリで計算され、同様のロジックを持つクエリを識別するために使用されるバイナリハッシュ値。 クエリハッシュを使って、リテラル値だけが異なるクエリのリソース使用量の合計を調べることができます。

Query_plan_hash

Binary(8)

クエリ実行プランで計算され、同様のクエリ実行プランを識別するために使われるバイナリハッシュ値。 クエリプランハッシュを使って、同じような実行プランを持つクエリの累積コストを調べることができます。

Ideal_memory_kb

UInt(64)

最適なメモリ許可サイズ (KB 単位)。

Granted_memory_kb

UInt(64)

メモリ割り当て (KB 単位)。

Used_memory_kb

UInt(64)

使用済みメモリ (KB 単位)。

Usage_percent

UInt(32)

簡単にフィルター処理するために使用された、または割り当てられたメモリ。

(Dop)

UInt(32)

並列処理の次数。

Granted_percent

UInt(32)

簡単にフィルタリングするための、許可された、または理想的なメモリ。

解決方法

この問題は、SQL Server 用の次の service pack で修正されています。

       Service Pack 3 for SQL Server 2014

        Service Pack 4 FOR SQL Server 2012  

サービスパックは累積されます。 Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 このサービスパックの最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。 最新の service pack をインストールする前に、以前のサービスパックをインストールする必要はありません。 最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムの詳細については、次の記事の表1を参照してください。

SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、および更新プログラムのレベルを確認する方法

詳細情報

この新しい拡張イベントのフィルターとしてメモリ制限を定義できます。このため、クエリのメモリ許可が上限を超えたときにのみ拡張イベントが発生します。

参照情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×