KB3112362-FIX: SQL Server の可用性グループに表示されていないときに、レプリカに関する情報が表示されない

現象

Microsoft SQL Server 2012 または SQL Server 2014 の AlwaysOn 可用性グループ機能を使用することを前提としています。 Windows フェールオーバークラスターといずれかのレプリカの間の通信が失敗すると、そのレプリカは [可用性] グループに表示されなくなります。 さらに、データベースは復元状態に変わります。この状況が発生した後、問題のトラブルシューティングを行うために、SQL Server エラーログからの情報は取得されません。

解決方法

この問題は、SQL Server 用の次の Service Pack で最初に修正されました。

SQL Server 2012 Service Pack 3 (SP3) の詳細については、「 Sql server 2012 Service pack 3 で修正されたバグ」を参照してください。

Sql server 2014 の Service Pack 2SQL Server の Service pack についてサービスパックは累積されます。 Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 このサービスパックの最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。 最新の service pack をインストールする前に、以前のサービスパックをインストールする必要はありません。 最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムの詳細については、次の記事の表1を参照してください。SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、および更新プログラムのレベルを確認する方法

詳細情報

削除されたレプリカの問題の詳細については、「問題: レプリカが空き時間情報グループに予期せずに破棄されました」を参照してください。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×