KB3143397-FIX: TABLOCKX ヒントまたは TABLOCK と UPDLOCK hint が SQL Server 2014 での SELECT INTO ステートメント

現象

SELECT INTO ステートメントを使用する SQL クエリは、TABLOCKX ヒント、または TABLOCK ヒントと UPDLOCK ヒントと共に実行することを前提とします。 Maxdopの値が1より大きい場合は、次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

エラー: "Transaction (プロセス ID 72) はロックでデッドロックしました。別のプロセスとの通信バッファーリソースと、デッドロックの犠牲として選択された。 トランザクションを再実行します。 "

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2014 Service Pack 1 の累積更新プログラム6

SQL Server の累積更新プログラムについて

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2014 の最新の累積的な更新プログラム

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft でソフトウェアの更新について説明する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×