KB3150432-多次元モードの Analysis Services のパフォーマンスが時間の経過と共に低下します

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • SQL Server Analysis Services は多次元モードで使用します。

  • Windows のフラグメンテーションの低いヒープを使用するには、 Heaptypeforobjects プロパティを 0 に設定します。

  • クエリと処理操作を組み合わせて実行します。

このシナリオでは、Analysis Services エンジンによって割り当てられている大きなオブジェクトにより、Windows のメモリヒープで、一定時間または数日の断片化が発生する場合があります。 断片化が発生すると、インデックス処理操作がボトルネックとなり、完了するまでに時間がかかることがあります。

解決方法

更新プログラムの情報

この問題は、sql server の累積的な更新プログラム1、sql server2014 SP2の累積更新プログラム 2012 4(sql server 2014 SP1 の累積更新プログラム 8 ) で修正されています。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

Sql server 2012 SP3 の最新の累積的な更新プログラムsql SERVER 2014 (SP1/SP2) の最新の累積的な更新プログラム

詳細情報

既定では、Analysis Services では、固定型オブジェクトのメモリ割り当てに対して、Windows の断片化ヒープ (LFH) が使用されます。 これは、 Heaptypeforobjects の設定によって制御されます。 場合によっては、LFH ヒープが断片化され、パフォーマンスのボトルネックになることがあります。 通常、LFH は 16 KB を超える割り当てが行われると断片化されます。この更新プログラムでは、オブジェクトのサイズが 16 KB 未満の場合にのみ、これらの固定型オブジェクト割り当ての Analysis Services の動作が Windows LFH ヒープを使用するように変更されます。 オブジェクトのサイズが 16 KB より大きい場合、代わりに Analysis Services は Analysis Services のヒープ実装を使います。 Analysis Services のヒープ実装の実行が、LFH ヒープよりも遅くなることがあります。 ただし、この断片化の問題は発生しません。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×