KB3162396-FIX: 共有データソースと保存されている資格情報は、SSRS の SharePoint daily クリーンアップジョブによって削除されます。

現象

Sharepoint 2013 用の SharePoint モードで SQL Server Reporting Services をインストールすることを前提としています。 SharePoint カタログデータベースがレポートサーバーでアクセスできない場合に、SharePoint のデイリークリーンアップジョブが実行されていると、レポートとデータセットのキャッシュされたコピーは、Reporting Services データベースから削除されることがあります。 これにより、保存されている資格情報は失われます。Reporting Services のエラーログでは、次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

エラー: ReportServerDatabaseUnavailableException:、ReportServerDatabaseUnavailableException: レポートサーバーでレポートサーバーデータベースへの接続を開くことができませんでした。このようなメッセージが表示されます。 すべての要求と処理には、データベースへの接続が必要です。 ---> SqlException: SQL Server への接続を確立しているときに、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。 サーバーが見つからないかアクセスできません。 インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください (プロバイダー: TCP プロバイダー、エラー: 0 - 接続済みの呼び出し先が一定の時間を過ぎても正しく応答しなかったため、接続できませんでした。 (プロバイダー: TCP プロバイダー、エラー: 0-各ソケットアドレス (プロトコルまたはネットワークアドレス/ポート) の1つの使用のみが通常許可されています。) ---> System.componentmodel.annotations: 通常、各ソケットアドレス (プロトコル/ネットワークアドレス/ポート) の使用が許可されるのは、内部の例外スタックトレースの------、waitForMultipleObjectsTimeout で、のようになります。 TryGetConnection (DbConnection owningObject, UInt32、ブール型 allowCreate、ブール型の onlyOneCheckConnection、Dbconnectionpool userOptions、Dbconnectionpool& connection)。 Providergetconnection pool の TryGetConnection (DbConnection OwningObject、Task source ' 1 retry、dbconnectionpool Useroptions、dbconnectionpool& connection) は、システムで DbConnection OwningConnection、Task source ' 1 の再試行、dbconnectionpool Useroptions、dbconnectionpool& connection) を使って実行できます。 DbConnection で閉じられた Trygetconnection (Outerconnection、Dbconnectionpool Connectionfactory、TaskCompletionSource ' 1!、Dbconnectionpool Useroptions) を、で開いている (Taskて source ' 1 の再試行) "という名前で表示します。 SqlConnection. EndpointNotFoundException () では、内部例外スタックトレースの---を終了します。情報: <url> の SPSite の作成に失敗しました。 <の url をリッスンしているエンドポイントが見つかりませんでした。これにより、このメッセージを受け取ることができます。--- これは、アドレスまたは SOAP 操作の誤りが原因であることがよくあります。 詳細については、「InnerException (存在する場合)」を参照してください。 ---> System.Net.WebException: Unable to connect to the remote server ---> System.Net.Sockets.SocketException: An operation on a socket could not be performed because the system lacked sufficient buffer space or because a queue was full [::1]:32843 at System.Net.Sockets.Socket.DoConnect(EndPoint endPointSnapshot, SocketAddress socketAddress) at System.Net.ServicePoint.ConnectSocketInternal(Boolean connectFailure, Socket s4, Socket s6, Socket& socket, IPAddress& address, ConnectSocketState state, IAsyncResult asyncResult, Exception& exception) --- End of inner exception stack trace --- at System.Net.HttpWebRequest.GetRequestStream(TransportContext&context) at System.Net.HttpWebRequest.GetRequestStream() at System.ServiceModel.Channels.HttpOutput.WebRequestHttpOutput.GetOutputStream() --- End of inner exception stack trace ---Server stack trace: at System.ServiceModel.Channels.HttpOutput.WebRequestHttpOutput.GetOutputStream() at System.ServiceModel.Channels.HttpOutput.Send(TimeSpan timeout) at System.ServiceModel.Channels.HttpChannelFactory'1.HttpRequestChannel.HttpChannelRequest.SendRequest(Message message, TimeSpan timeout) at System.ServiceModel.Channels.RequestChannel.Request(Message message, TimeSpan timeout) at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.Call(String action, Boolean oneway, ProxyOperationRuntime operation, Object[] ins, Object[] outs, TimeSpan timeout) at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannelProxy.InvokeService(IMethodCallMessage methodCall、ServiceChannelProxy (IMessage message) 例外は、(IMessage reqMsg, IMessage retMsg) で RealProxy (, retMsg) に再スローされました (, retmsg) (, retmsg)。 RealProxy (MessageData&msgData, Int32 型) で、WSTrust の IWSTrustContract。問題 (RequestSecurityToken) (メッセージメッセージ) が発生します。 (requestsecuritytoken) では、Microsoft の WSTrustChannel (RequestSecurityToken、RequestSecurityTokenResponse& rstr) についての情報があります (requestsecuritytoken については、Microsoft の)。 SPSecurityContext (SPSecurityContext request) の bearerToken (SecurityTokenForLegacyLoginContext request) については、() のように、(InitUserToken request) の (Uri コンテキスト) を使うことによって、actAs (delegateTo) にある (SPRequest request) で SPSiteConstructor (request) を使うことができます。 Guid applicationId、Guid contentDatabaseId、Guid siteId、Guid siteSubscriptionId、SPUrlZone zone、Uri requestUri、文字列 serverRelativeUrl、ブール値 hostHeaderIsSiteName、SPUserToken userToken、ブール型、AppHostHeaderRedirectDomain SubscriptionName、ブール型、、ブール型の、文字列、@、string、string appSiteDomainId、Uri primaryUri)。SPFarm によって、.ctor (Guid id、farm、SPUrlZone zone、SPUserToken userToken) が含まれています。この場合は、Microsoft の Reportingservice Path (String catalogPath、Int32 ゾーン、ブール値 noThrow) w3wp!) となります ([Guid id]、[Int32 zone]、[Boolean]) w3wp! ライブラリ 123! <DateTime>:: w WARN: カタログアイテム <url> が SharePoint サイトで見つかりませんでした。 カタログから削除されます。

さらに、SharePoint ULS ログには、次のようなエラーメッセージが表示されます。

<DateTime> w3wp (0X2424) 0X12E4 SharePoint Foundation クレーム認証 Fsq7 High SPSecurityContext: セキュリティトークンの要求に失敗しました。例外:: <url> で、メッセージを受信できるエンドポイントが見つかりませんでした。 これは、アドレスまたは SOAP 操作の誤りが原因であることがよくあります。 詳細については、「InnerException (存在する場合)」を参照してください。 ---> WebException: リモートサーバーに接続できません---> システム .Net ソケットの例外: システムのバッファー領域が不足しているか、キューがいっぱいだったため、ソケットの操作を実行できませんでした [:: 1]: 32843

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft でソフトウェアの更新について説明する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×