KB3184099-試用版を使用すると、SQL Server がアクセス違反でクラッシュする一括コピーのキャッチ構成

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • SQL Server で一括コピー操作を実行します。

  • この操作では、共通言語ランタイム (CLR) 関数への呼び出しがトリガーされます。

  • CLR 関数は、TRY を含む Transact-sql ステートメントを実行します。 キャッチ 構造。

このシナリオでは、SQL Server がクラッシュし、アクセス違反が発生します。 さらに、SQL Server エラーログにダンプファイルが生成されます。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server 2016 SP1 の累積更新プログラム2

SQL Server 2016 の累積更新プログラム4

SQL Server 2012 Service Pack 3 の累積更新プログラム5

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×