KB4014798-Update では、SQL Server の sp_MSsubscription_cleanup ストアドプロシージャの実行頻度が低くなります。

概要

現在、Microsoft SQL Server では、 sp_MSsubscription_cleanup ストアドプロシージャは、 sp_MSdistribution_cleanup ストアドプロシージャによって実行されます。 これは、次のように、ディストリビューションのクリーンアップジョブによって実行されます。

ただし、 sp_MSsubscription_cleanup ストアドプロシージャのリソース使用量は非常に高い: 完了までに数分かかる場合があり、配布クリーンアップジョブの頻度は10分です。 つまり、このコストの高いストアドプロシージャは、数分の間、10分ごとに実行されます。

この更新プログラムでは、次の変更が行われます。

  • コストの高い sp_MSsubscription_cleanup ストアドプロシージャは、 sp_expired_subscription_cleanup ストアドプロシージャによって実行されます。 これは、有効期限が切れたサブスクリプションクリーンアップジョブによって実行されます。

  • 有効期限が切れたサブスクリプションクリーンアップジョブは、24時間ごとに実行されます。 そのため、コストの高い sp_MSsubscription_cleanup ストアドプロシージャは1日に1回のみ実行されます。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server 2016 RTM 用の累積更新プログラム6

SQL Server 2016 SP1 の累積更新プログラム3

SQL Server 2014 SP2 の累積更新プログラム5

SQL Server 2014 SP1 の累積更新プログラム12

SQL Server 2012 Service Pack 3 の累積更新プログラム8

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2016 の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2014 の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2012 SP3 の最新の累積的な更新プログラム

 

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×