KB4038418-Update は、SQL Server 2014 および2016の新しい列を DMV sys.dm_sql_referenced_entities に追加します。

詳細情報

Microsoft SQL Server 2012 から開始して、 sys.dm_sql_referenced_entities (オブジェクトがスキーマの変更を行った場合など) で発生したエラーをキャッチすることはできません。Transact SQL ブロックをキャッチします。 この動作は SQL Server 2012 以降で想定されていますが、この機能強化では、動的管理ビュー (DMV) に is_incomplete と呼ばれる新しい列が導入されています。

列名

データの種類

説明

is_incomplete

わずか

1 = すべての列を処理できるようになる前にエラーが発生した場合。

0 = エラーなしですべての列が正常に処理された場合。

詳細情報

DMV sys.dm_sql_referenced_entitiesの詳細については、   次のリンクを参照してください。

sys.dm_sql_referenced_entities (Transact-sql)

解決方法

SQL Server の Service pack 情報

この更新プログラムは、SQL Server の次の service pack に含まれています。

       Service Pack 2 for SQL Server 2016

      Service Pack 3 for SQL Server 2014

サービスパックは累積されます。 Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 このサービスパックの最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。 最新の service pack をインストールする前に、以前のサービスパックをインストールする必要はありません。 最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムの詳細については、次の記事の表1を参照してください。

SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、および更新プログラムのレベルを確認する方法

参照情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×