概要

この更新プログラムでは、Windows の Microsoft SQL Server 2016 および2017の変更履歴のクリーンアップ機能が次のように改善されました。

  • ハードチェックポイントでの syscommittab テーブルのクリーンアップは避けられます。これは、チェックポイント操作のパフォーマンスに影響を与える可能性があるためです。 代わりに、変更履歴の自動クリーンアップが完了するとすぐに、 syscommittab テーブルがクリーンアップされることがあります。 変更履歴の自動クリーンアップが完了すると、ウォーターマークバージョンが更新されます。強化されたクリーンアップバージョン。 このセキュリティ強化されたクリーンアップバージョンは、削除するレコードを特定するために syscommittab のクリーンアップで使われます。

  • 現時点では、変更履歴の自動クリーンアッププロセスで、クリーンアップスレッドでサイドテーブルから行を削除またはクリーニングするときにブロックされるたびに、自動クリーンアップが停止し、プロセスから終了します。 この更新では、プロセスから終了する代わりに、問題のあるテーブルが再試行対象としてマークされ、リスト内の残りのテーブルが続行されます。 スレッドで最終テーブルのクリーンアップが終了すると、強化されたクリーンアップバージョンが更新される直前に、再試行のマークが付けられたテーブルがあるかどうかを確認するプロセスが再試行されます。

  • さらに、次のサブイベントが既存の change_tracking_cleanup XEvent に追加されます。

a) ErrorInTableCleanup –変更追跡のクリーンアップで、有効期限が切れたエントリがいずれかのサイドテーブルからクリーンアップされたときに問題が発生したかどうかを特定するのに役立ちます。

b) RowsCleanedupInLoop –変更履歴の自動クリーンアップの進行状況をテーブルレベルで追跡するのに役立ちます。

c) retrycleanup –変更追跡の自動クリーンアップスレッドによって行われた再試行を特定するのに役立ちます。

解決方法

この更新プログラムは、SQL Server の次の累積的な更新プログラムと service pack に含まれています。

       SQL Server 2017 の累積更新プログラム2

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2017 の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2016 の Service pack 情報

       Service Pack 2 for SQL Server 2016

サービスパックは累積されます。 Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 このサービスパックの最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。 最新の service pack をインストールする前に、以前のサービスパックをインストールする必要はありません。 最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムの詳細については、次の記事の表1を参照してください。

SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、および更新プログラムのレベルを確認する方法

参照情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×