KB4087352-Microsoft SQL Server Management Studio 17.4

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

SQL Server Management Studio (SSMS) のリリース17.4 へようこそ。 

このリリースと以前のリリースの完全なドキュメントもご覧ください。

適用性

この更新プログラムを Windows Server Update Services (WSUS) 経由で適用すると、以前のバージョンの SSMS 17 にのみ適用されます。x. このパッケージでは、過去17個のバージョンが完全にアップグレードされます。x バージョン。

概要

脆弱性評価:

  • 新しい SQL 脆弱性評価サービスが追加されました。データベースをスキャンして、問題が発生したり、重大な権限、過度のアクセス許可、機密データの公開などのベストプラクティスによって逸脱したりします。

  • 評価の結果には、各問題を解決するための手順、および該当する場合にカスタマイズされた修復スクリプトが含まれます。評価レポートは、特定の要件に合わせてカスタマイズすることができます。詳細はこちらをご覧ください SQL 脆弱性評価

SQL Server 管理オブジェクト (SMO):

  • Hasmemoryを実行したときに、Azure で例外がスローされた問題を修正しました。

  • 新しい CATALOG_COLLATION 機能のサポートが追加されました。

AlwaysOn ダッシュボード:

  • 可用性グループでの待機時間分析の改善。

  • 2つの新しいレポートが追加されました: AlwaysOn_Latency_PrimaryAlwaysOn_Latency_Secondary

プラン

  • 適切なドキュメントを参照するリンクが更新されました。

  • 作成された実際のプランから直接単一のプラン分析を許可します。

  • 新しい一連のアイコン。

  • Gbapply 」や「 innerapply」などの「論理演算子の適用」を認識するためのサポートが追加されました。

XE プロファイラー:

  • XEvent Profiler として名前が変更されました。

  • [停止] または [スタート] メニューコマンドは、既定でセッションを停止または開始するようになりました。

  • 有効になっているキーボードショートカット (CTRL + F キーを押して検索するなど)。

  • XEvent Profiler セッションの適切なイベントに database_name と client_hostname のアクションを追加しました。変更を有効にするには、サーバー上の既存の QuickSessionStandard または Quicksessionstandard セッションインスタンスを削除する必要がある場合があります。 3142981を参照

コマンドライン:

  • Active Directory 認証 ("Integrated" または "Password" のいずれか) を使用して、SSMS をサーバーまたはデータベースに自動的に接続するために使用できる新しいコマンドラインオプション (-G) を追加しました。詳細については、 Ssms ユーティリティ

フラットファイルのインポートウィザード:

  • テーブルを作成するときに、既定値 ("dbo") 以外のスキーマ名を選ぶ方法が追加されました。

クエリストア:

  • [使用可能なクエリストアレポート] リストを展開すると、"Regressed query" レポートが復元されました。

統合サービス (IS):

  • 展開ウィザードに、Azure-SSIS IR でサポートされていない SSIS パッケージのコンポーネントを識別するのに役立つパッケージ検証関数が追加されました。

すべての変更の一覧については、「 SQL Server Management Studio-Changelog (SSMS)」を参照してください。 ユーザーデータの収集の詳細については、「 SQL Server のプライバシーに関する声明」を参照してください。

更新プログラムの情報

Microsoft ダウンロードセンターから以下の更新プログラムをダウンロードできます。 今すぐ更新プログラムをダウンロードする Microsoft サポートファイルのダウンロード方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

バグ修正

一般的な SSMS

  • オブジェクトエクスプローラー:

    • テーブル値関数ノードがデータベーススナップショット用に表示されなかった問題を修正しました。 「3140161」を参照してください。

    • サーバーが autoclose データベースを持っているときに、 データベース ノードを展開するときのパフォーマンスが向上しました。

  • クエリエディター:

    • Master データベースにアクセスできないユーザーに対して IntelliSense が失敗する問題が修正されました。

    • リモートコンピューターへの接続が閉じているときに、SSMS がクラッシュする原因となっていた問題が修正されました。 「3142557」を参照してください

  • XEvent ビューアー:

    • XEL にエクスポートする機能を再び有効にします。

    • ユーザーが XEL ファイル全体を読み込むことができなかった問題が修正されました。

  • XEvent プロファイラー:

    • ユーザーが [ サーバーの状態の表示 アクセス許可を持っていない場合に、SSMS のクラッシュの原因となっていた問題が修正されました。

    • XE Profiler のライブデータウィンドウを閉じると、基になるセッションが停止しない問題が修正されました。

  • 登録済みサーバー:

    • [...に移動] が動作しなくなった問題を修正しました。3142862および3144359参照してください。

  • SMO

    • Transfer object の TransferData メソッドが機能しなくなった問題が修正されました。

    • 一時停止している SQL DW データベースのサーバーデータベースで例外がスローされる問題が修正されました。

    • SQL DW に対して SQL データベースのスクリプトで間違った t-sql パラメーター値が生成される問題が修正されました。

    • 引き伸ばされた DB のスクリプトで DATA_COMPRESSION オプションが誤って出力される問題が修正されました。

  • ジョブアクティビティモニター:

    • "インデックスは範囲外です" というエラーが発生した問題を修正しました。 負の値以外で、コレクションのサイズより小さい値を指定する必要があります。 [パラメーター名]: カテゴリでフィルター処理しようとしたときに表示されるインデックス (system.object) "(3138691) を参照して ください

  • [接続] ダイアログボックス:

    • 読み取り/書き込みドメインコントローラーにアクセスできないドメインユーザーが SQL 認証を使用して SQL Server にログインできない問題を修正しました。 2373381 を参照してください。

  • レプリケート

    • SQL Server でプルサブスクリプションのプロパティを表示すると、プロパティ ServerInstance に "値を適用できません" というエラーが表示される問題が修正されました。

  • SSMS のセットアップ:

    • SSMS が正しく設定されていない問題が修正されました。コンピューター上のインストールされているすべての製品が再構成されます。

  • ユーザー設定:

    • この修正プログラムを使用すると、US Government 主権 cloud ユーザーは、ユニバーサル認証と Azure Active Directory のログインを使用して、Azure SQL データベースと ARM を使用してリソースにアクセスできなくなります。 以前のバージョンの SSMS のユーザーは、 > Azure サービスのツール > オプションServicesを開き、[リソース管理] の [Active Directory Authority] プロパティの構成をhttps://login.microsoftonline.usに変更する必要があります。

Analysis Services (AS)

  • プロファイラー: Azure に対して Windows 認証を使用して接続しようとしたときに発生した問題を修正しました。

  • 1400モデルで接続の詳細をキャンセルするとクラッシュする可能性がある問題が修正されました。

  • 資格情報を更新するときに [接続プロパティ] ダイアログボックスで Azure blob キーを設定すると、その設定が視覚的にマスクされるようになります。

  • Azure Analysis Services の [ユーザーの選択] ダイアログボックスで、検索時にオブジェクト idの代わりにアプリケーション idの guid を表示する問題が修正されました。

  • 一部のボタンでアイコンが誤ってマップされる原因となった参照データベース/MDX クエリデザイナーのツールバーの問題が修正されました。

  • Msmdpump IIS http/https アドレスを使用して SSAS に接続できない問題が修正されました。

  • Azure Analysis Services の [ユーザー選択] ダイアログにある複数の文字列が、追加の言語に翻訳されています。

  • MaxConnections プロパティは、テーブルモデルのデータソースに対して表示されるようになりました。

  • 展開ウィザードにより、Azure の適切な JSON 定義が役割メンバーとして生成されるようになりました。

  • Azure に対して Windows 認証を選択すると、ログインのプロンプトが表示されるという SQL プロファイラーの問題が修正されました。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×