KB4090789-FIX: SQL Server 2017 でのメモリ内 OLTP データベースの回復に時間がかかる

現象

Linux または Windows に SQL Server 2017 がインストールされていることを前提としています。 データベースに大量のメモリ最適化テーブルまたはメモリ最適化テーブル型が含まれている場合、メモリ最適化テーブルのコンパイル中に待機しているため、データベースの回復に時間がかかることがあります。 Sys.dm_os_wait_statsから待機分析を実行している場合は、回復時に PREMPTIVE_OS_FINDFILE または PREEMPTIVE_OS_CREATEDIRECTORY の待機が発生することがあります。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

       SQL Server 2017 の累積更新プログラム5

注: 自分の組織と、予定表の共有相手であるユーザーの組織が Office 365 または Exchange を介してフェデレーションされている場合、招待には 2 つのボタンもあります。回復速度を向上させるには、トレースフラグ (TF) 9944を有効にする必要があります。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Service 2017 の最新の累積的な更新プログラム

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×