Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

このバージョンの SQL Server Management Studio (SSMS) は、SQL Server 2008 ~ SQL Server 2017 のすべてのサポートされているバージョンで動作します。 Azure SQL データベースとAzure SQL Data Warehouseの最新のクラウド機能に対する最大レベルのサポートが提供されます。

この更新プログラムに含まれる機能強化

この更新プログラムには、次の機能強化が含まれています。

レプリケーション モニター

  • レプリケーション モニターでは、パブリッシャー データベースまたはディストリビューター データベースが可用性グループの一部であるシナリオに対するリスナーの登録がサポートされるようになりました。 これで、パブリッシャー データベースまたはディストリビューション データベースがAlways On可用性グループの一部であるレプリケーション環境を監視できるようになりました。

Azure SQL Data Warehouse

  • Azure SQL Data Warehouseの外部テーブルに対する "拒否された行の場所" のサポートを追加します。

Integration Services (IS)

  • Azure SQL データベースにデプロイされる SQL Server Integration Services (SSIS) パッケージのスケジュール設定機能を追加します。 SQL ServerオンプレミスとSQL Database Managed Instance (プレビュー) とは異なり、SQL Server エージェントを一流のジョブ スケジューラとして使用SQL Database、スケジューラは組み込まれていません。 この新しい SSMS 機能は、SQL Server データベースに展開されるパッケージをスケジュールするSQL Server エージェントのような使い慣れたユーザー インターフェイス (UI) を提供します。 SQL Server データベースを使用して SSIS カタログ データベース (SSISDB) をホストする場合、この SSMS 機能を使用して、SSIS パッケージをスケジュールするために必要な Data Factory パイプライン、アクティビティ、トリガーを生成できます。 その後、Data Factory でこれらのオブジェクトを編集および拡張できます。

    詳細については、「SSMS を使用したAzure SQL データベースでの SSIS パッケージの実行のスケジュール設定」を参照してください。

    Azure Data Factoryパイプライン、アクティビティ、トリガーの詳細については、「Azure Data Factoryのパイプラインとアクティビティ」と「Azure Data Factoryでのパイプラインの実行とトリガー」を参照してください。

  • SQL Server マネージド インスタンスのSQL Server エージェントで SSIS パッケージのスケジュール設定のサポートを追加します。 これで、マネージド インスタンスで SSIS パッケージを実行するSQL Server エージェント ジョブを作成できるようになりました。

この更新プログラムに含まれる修正プログラム

この更新プログラムには、次の修正プログラムが含まれています。

メンテナンス プラン

Always On

  • Always On待機時間ダッシュボードが SQL Server 2012 で動作しない問題を修正しました。

スクリプト

  • Azure SQL Data Warehouseに対するストアド プロシージャのスクリプト作成が管理者以外のユーザーに対して機能しない問題を修正しました。

  • Azure SQL データベースに対するデータベースのスクリプト作成で SCOPED CONFIGURATION プロパティがスクリプト化されていない問題を修正しました。

テレメトリ

  • テレメトリの送信をオプトアウトした後にサーバーに接続しようとしたときに SSMS がクラッシュする問題を修正しました。

Azure SQL データベース

  • ユーザーがドロップダウン リストの互換性レベルを特定のレベルに設定または変更できない問題を修正しました。 既定では、互換性レベルは空白に設定されます。

    互換性レベルを 150 に設定するには、ユーザーは引き続き [スクリプト ] ボタンを使用し、スクリプトを手動で編集する必要があります。

SQL Server管理オブジェクト (SMO)

  • SMO でエラー ログ サイズの設定を公開します。 詳細については、「SQL Server エラー ログの最大サイズを設定する」を参照してください。

  • Linux 上の SMO でのラインフィード スクリプトを修正しました。

  • ほとんど使用されないプロパティをシステムが取得する場合のその他のパフォーマンスの向上。

Intellisense

  • 列データに対する IntelliSense クエリの量を減らすパフォーマンスの向上。 これは、列が多いテーブルで作業する場合に特に役立ちます。

SSMS ユーザー設定

  • オプション ページのサイズが正しく変更されない問題を修正しました。

  • 統計の詳細 ページに表示されるテキストが改善されました。

Integration Services (IS)

  • Azure SQL サーバー データベース Managed Instanceのサポートが強化されました。

  • SQL Server 2014 以前のバージョンのカタログをユーザーが作成できなかった問題を修正しました。

  • レポートに関する 2 つの問題を修正しました。

    • Azure サーバーのコンピューター名を削除しました。

    • ローカライズされたオブジェクト名の処理が改善されました。

既知の問題

一部のダイアログ ボックスでは、新しいGeneral Purposeまたは Business Critical Azure SQL Server Database エディションを操作すると、無効なエディション エラーが表示されます。

この更新プログラムの入手方法

適用性

この更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) を介して適用される場合、以前のバージョンの SSMS 17 にのみ適用されます。x  このパッケージは、以前の 17 を完全にアップグレードします。x バージョン。

Windows Software Update Services (WSUS)

これで、WSUS 経由で更新プログラムをインストールすることができます。

手動ダウンロード

バージョン 17.7 SQL Server Management Studioダウンロードするには、Microsoft Learn Web サイトのダウンロード SQL Server Management Studio (SSMS) トピックに移動します。

参考資料

以前のリリースに加えて、この更新プログラム リリースの完全なドキュメントについては、Microsoft Learn Web サイトのSQL Server Management Studio (SSMS) トピックを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×