KB4466107-FIX: データベースの起動時にトリガーされた暗号化スキャンタスクが SQL Server 2016 でキャンセルされる場合がある

現象

Microsoft SQL Server 2016 のデータベースで透過データ暗号化 (TDE) を有効にしていることを前提としています。 最初の TDE 暗号化スキャンが完了する前に、データベースをホストしているインスタンスの SQL Server サービスを再起動すると、次のステートメントを実行してサービスを手動で開始しない限り、再開された暗号化スキャンがキャンセルされ、進行しないことに注意してください。

ALTER DATABASE yourPartiallyEncrypteDB の暗号化の設定

原因

暗号化スキャン タスクの取り消しは、データベースの起動プロセスが完了するまで正常に実行できないために発生します。 ただし、暗号化スキャンタスクは、2つのスタートアッププロセスのみを待機します。 間隔. したがって、タイムアウトを超えた場合、暗号化タスクは黙って表示されます。 取り消せ.

注: この修正プログラムでは、タイムアウトが20秒に増加しています。  Sys.dm_database_encryption_keyspercent_completeを使って、暗号化タスクが進行中かどうかを監視できます。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×