KB4518364-FIX: SQL Server 2016、2017、2019で PIVOT またはピボットテーブルを含むクエリを実行すると、アクセス違反が発生する

現象

SQL Server 2016 SP2、sql Server 2017、または2019で 累積更新プログラム8を使用していることを前提とします。 メタデータ (型など) を実行するクエリの情報を収集しようとすると、 クエリによって返される列、パラメーターの種類、推定実行プランの場合、クエリにピボットまたはピボット解除が含まれていると、アクセス違反 (AV) が発生することがあります。 事業. このような情報の収集の例を次に示します。 次のような制限はありません。

  • Sys.sp_describe_first_result_setを呼び出して、クエリから返される列の型を取得します。

  • Sys.sp_describe_undeclared_parametersを呼び出して、パラメーターの型を取得します。

  • 予測される実行プランを取得するには、 SET SHOWPLAN (または Microsoft SQL Server Management Studio を使用) を呼び出します。

さらに、次のようなダンプファイル がローカルインスタンスで生成されます。

Msg 596、Level 21、State 1、Line LineNumber

セッションが強制終了状態にあるため、実行を続行できません。

Msg 0、Level 20、State 0、Line LineNumber

現在のコマンドで重大なエラーが発生しました。 結果は破棄する必要があります。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×