現象

SQL Server 2019 では、master ノードでデータベースのドロップを実行したが、操作は失敗したとします。 障害のため、Master で [データベースのドロップ] 操作に失敗した場合 マスターノード (たとえば、次のデータベースの既存のセッションによってデータベースが使用されている場合など) Master インスタンス) では、データプールノード上の対応するバックエンドデータベースが削除されることがあります。 "データベースのドロップ" 操作が外部のために Master で失敗する場合 理由 (たとえば、データベースがコントローラーノードに接続できない場合)、 データプールノード上の対応するバックエンドデータベースは削除されないことがあります。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、 SQL Server の累積更新プログラムのフォロー:

に関しては SQL Server の累積更新プログラム:

新しい累積 SQL Server の更新プログラムには、すべてのホットフィックスとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 以前の累積的な更新プログラムに含まれていました。 最新情報を確認する SQL Server の累積更新プログラム:

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×