改善

この機能強化には、新しい CAB ファイルを使用したSQL Server 2017 オンライン更新プログラムが含まれます。 新しい CAB ファイルには、R/Python ランタイム機能に対して次の修正プログラムがあります。

  • Python スクリプトを実行sp_execute_external_script、OutputDataSet の形式で varbinary またはバイナリ データ型をSQLに戻すときにデータが失われることがあるバグを修正しました。 この更新プログラムを使用すると、データ損失は完全に排除されます。

  • R スクリプトを実行 sp_execute_external_script 、次の警告メッセージが表示されるバグを修正しました。 この更新プログラムを適用すると、警告メッセージは表示されなくなります。

    外部スクリプトからの STDERR メッセージ:

    起動時 - 警告メッセージ:

    setJsonDatabasePath(system.file("extdata/capabilities.json", :

    バイトコードのバージョンが一致しません。eval を使用する

解決方法

この機能強化は、SQL Serverの次の累積的な更新プログラムに含まれています。

SQL Serverの累積的な更新プログラムについて:

SQL Serverの各新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正プログラムが含まれています。 SQL Serverの最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参考資料

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。
 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×