現象

Microsoft SQL Server の再開可能な = ON オプション を持つ ALTER INDEX rebuild コマンドを実行することを前提としています。 フィルターが適用されている場合 column などの条件を含むインデックスが NULL の場合、操作は失敗し、 アサーションエラー。 さらに、クラッシュダンプファイルが生成されることもあります。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

注: インデックスに応じて テーブルの構造とフィルター処理されたインデックス条件。 SQL Server バージョンが安全でない 再開可能なインデックスのビルドを完了します。 CU をインストールした後、 アサーションとダンプを生成します。 SQL Server は、 操作を実行すると、新しいエラーコード10675が返されます。

"内部クエリプロセッサエラー: クエリプロセッサ クエリプランを作成できませんでした。 この場合、再開可能なオプションはサポートされません インデックスの作成。 再開可能なオプションを削除し、ステートメントを再実行します。 "

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

関連情報

Lは、ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×