KB4561915: MAXTRANSFERSIZE では、データベースのバックアップ圧縮を有効にする必要がなくなりました。

改善

SQL Server 2019 累積更新プログラム 5 (CU5 以降) で開始します。 MAXTRANSFERSIZE を大きく設定します。 64 KB を超えると、 透過的なデータ暗号化 (TDE) 暗号化されたデータベースを含む最適化された圧縮アルゴリズム。 バックアップ 圧縮でコマンドを指定するか、またはバックアップ圧縮の既定のサーバー構成が 1に設定すると、MAXTRANSFERSIZE が 最適化されたアルゴリズムを有効にするには、自動的に128K に増加します。 MAXTRANSFERSIZE が > 64K の値を指定してバックアップコマンドで指定されている場合、 指定した値が受け付けられます。 つまり、SQL Server は決して表示されません。 自動的に値を小さくすると、増加します。 戻る必要がある場合 MAXTRANSFERSIZE = 65536 で TDE 暗号化データベースを作成する場合は、NO_COMPRESSION で指定する必要があります。または、バックアップ圧縮の既定のサーバーであることを確認してください。 構成は0に設定されています。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この改善点は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムに含まれています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

参照情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語について説明 します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×