KB4563044-FIX: Windows の SQL Server 2019 で、外部リソースプールで複数のプロセッサグループを使用できるようにする

現象

Windows の SQL Server 2019 で複数のプロセッサグループのプロセッサを使用するように外部リソースプールを作成または構成しようとすると、次のエラーが発生する場合があります。

Msg 10935、Level 16、State 1、Line LineNumber

外部リソースプールに複数のプロセッサグループが許可されていない

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

詳細情報

Windows Server 2012 以前では、Windows ジョブオブジェクトの制限により、1つのプロセッサグループのみの CPU アフィニティが許可されています。 そのため、SQL Server の外部リソースガバナンスでは、複数のプロセッサグループのアフィニティを使ったリソースプールの作成がブロックされています。 Windows Server 2016 以降では、このジョブオブジェクトの制限は修正されており、SQL Server は同じ方法でこの制限を削除できるようになりました。 この累積的な更新プログラムを適用した後で、複数のプロセッサグループを使用するように外部リソースプールを構成できます。

参照情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明 します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×