現象

2019 年 1 月に Always On 可用性グループ (AG) を使用SQL Serverします。 読み取りコミット済みスナップショットが有効になっている AG セカンダリ データベースで読み取りクエリを実行すると、エラー値に対してsqlmin.dll。XdesRMBase::StartStmtSnapshot under certain rare conditions.

DateTime spid57 ***Stack Dump がFileName\FilePath
DateTime * ******* Date に送信されます
Time *
DateTime * BEGIN STACK DUMP:
DateTime * DateTime spid 57
DateTime *
DateTime * Location: FileName\FilePath:LineNumber
DateTime * Expression: !m_recoveryUnit->IsAcceptLogMode() ||GetReadSecGhostCleanupCookie () != nullptr ||(IsParallelXdes () && GetParentXdes ()->GetReadSecGhostCleanupCookie () != nullptr)
DateTime * SPID: SPID
DateTime * Process ID: ProcessID
DateTime *
DateTime * 入力バッファー 88 バイト -
DateTime * exec ProcedureName

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、次の累積的な更新プログラムで修正SQL Server。

アプリケーションの新しい累積的な更新SQL Serverには、前のビルドに含まれているすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 次のバージョンの最新バージョンのビルドをインストールすることをおSQL Server。

SQL Server 2019 年の最新の累積的な更新プログラム

関連情報

Microsoft がソフトウェア 更新プログラムについて説明するために使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×