現象

2019 年または 2017 年に SqlLocalDB Microsoft SQL Server使用するとします。 この状況では、SqlLocalDB の共有インスタンスに正しく起動したり、接続したりできません。

解決策

この問題は、次の累積的な更新プログラムで修正SQL Server。

アプリケーションの新しい累積的な更新SQL Serverには、以前のビルドに含まれるすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 次のバージョンの最新ビルドをインストールすることをお勧SQL Server。

SQL Server 2019 年の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2017 年の最新の累積的な更新プログラム

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題は、共有インスタンスの共有インスタンスに接続しようとするときに発生LocalDB。 

REM名前付きインスタンス FOO の作成

SqlLocalDB.exe FOO の作成

REM 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

REM 共有インスタンス FOO を FOOSHARED として共有する

SqlLocalDB.exe FOO FOOSHARED を共有する

次のコマンドを実行すると、次のようにエラー メッセージが表示されることがあります。

SqlCmd.exe -S (localdb)\.\FOOSHARED -E

Sqlcmd: エラー: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : Named Pipes Provider: Could not open a connection to SQL Server [2]。 .

Sqlcmd: エラー: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server: ログイン タイムアウトの有効期限が切れています。

Sqlcmd: エラー: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが、SQL Server への接続の確立中に発生しました。 サーバーが見つからないかアクセスできません。 インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。 詳細については、「オンラインブックSQL Server」を参照してください。

関連情報

Microsoft がソフトウェア 更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×