現象

2019 年または 2016 年に多数のデータベースを持つ Always On 可用性グループ (AG) Microsoft SQL Server想定します。 SQL Server 再起動、レプリカの切断、または AG フェールオーバー中に、DbMgrPartnerCommitPolicy::SetSyncAndRecoveryPointのログ行のボリュームが非常に高く、不要な CPU 使用率が発生します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、次の累積的な更新プログラムで修正SQL Server。

アプリケーションの新しい累積的な更新SQL Server、以前のビルドに含まれるすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 次のバージョンの最新ビルドをインストールすることをお勧SQL Server。

SQL Server 2019 年の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2016 のサービス パック情報

この問題は、次のサービス パックで修正SQL Server。

サービス パックは累積的です。 Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 最新のサービス パックと、そのサービス パックの最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。 最新のサービス パックをインストールする前に、以前のサービス パックをインストールする必要はない。 最新のサービス パックと最新の累積的な更新プログラムの詳細については、次の記事の表 1 を参照してください。

アプリケーションとそのコンポーネントのバージョン、エディション、およびSQL Serverレベルを決定する

関連情報

Microsoft がソフトウェア 更新プログラムの 説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×