現象

Windows 10 Enterpriseマルチセッション バージョン 1909 (Azure Virtual Desktops (AVD)) では、月次セキュリティ更新プログラムが Windows Server Update Services (WSUS) から受信されない場合があります。   

原因

現在調査中であり、利用可能な場合は更新プログラムを提供します。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: Azure Marketplace からイメージをデプロイする

Microsoft は、Azure Marketplace のすべてのセキュリティ更新プログラムを含む最新のイメージを保持しています。 Windows 10 Enterprise マルチセッション バージョン 1909 (Azure Virtual Desktops (AVD)) を実行する既存のデバイスに最新のイメージをデプロイすることをお勧めします。

Microsoft Windows Server のプランと価格の詳細については、Azure Marketplace を参照してください

方法 2: 毎月のセキュリティ更新プログラムをダウンロードする

Microsoft は、毎月第 2 火曜日に毎月のセキュリティ更新プログラムを発行します。 これらの更新プログラムは、Microsoft Update Catalog から Microsoft Update (.msu) ファイルとしてダウンロードし、管理ソリューションを使用してデプロイできます。

不足しているセキュリティ更新プログラムを手動でダウンロードするには、次の手順を使用します。

  1. [] に移動 https://www.catalog.update.microsoft.com。 

  2. [検索] ボックスのページの右上隅に、「2021-xx Cumulative Update for Windows 10 Version 1909」と入力します。 "xx" は 2 桁の月番号です。 たとえば、6 月に提供される最初の更新プログラムでは、検索ボックスに "2021-06 累積的な更新プログラム for Windows 10 バージョン 1909" が含まれている必要があります。 
    代替テキスト注 このドキュメントの例とスクリーンショットは

    、2021 年 6 月の更新プログラムの検索を示しています。

  3. 結果の一覧から、使用可能な "累積的な更新プログラム" パッケージを選択します。 [分類 ] 列 に、必要な更新プログラムに "セキュリティ更新プログラム" と表示されます。
    代替テキスト
     

  4. 次のように、組織内Windows 10バージョン 1909 パッケージの累積的な更新プログラムをダウンロードします。

    1. Arm64 ベースのシステム

    2. x86 ベースのシステム

    3. x64 ベースのシステム

  5. 検索結果には、"更新プログラム" の分類を含む .NET の累積的な更新プログラムが含まれる場合があります。 これらをダウンロードし、デプロイします。

これらのダウンロードは Microsoft Update (.msu) ファイルです。 これらのファイルをエンドポイント管理システムに追加し、Windows 10 Enterprise または Education バージョン 1909 を実行しているデバイスにデプロイできます。

状態

Microsoft は、「適用対象」セクションに記載されている Microsoft 製品の問題を確認しました。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×