Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

Microsoft SQL Server 2019 および 2017 では、自動チューニング用の ForceLastGoodPlan 機能では、実行プランの回帰検出ロジックで中止されたクエリの CPU 消費量は考慮されません。 この機能は、クライアント側で中止されたクエリとしてクエリ実行タイムアウトを認識します。 したがって、干渉しません。 回帰プランを持つクエリが一貫してタイムアウトしている場合、 ForceLastGoodPlan 機能はプランの回帰を検出して修正しません。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、次のSQL Serverの累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Serverの新しい累積的な更新プログラムには、前のビルドにあったすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 お使いのバージョンのSQL Serverに最新のビルドをインストールすることをお勧めします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×