現象

Microsoft SQL Server 2019 では、透過的データ暗号化 (TDE) が有効になっているデータベースの圧縮データベースまたはログ バックアップを復元すると、次のエラーが発生する可能性があります。

Msg 3241、レベル 16、状態 18、Line <LineNumber>

デバイス '<バックアップ ファイル名>' のメディア ファミリが正しく形成されていません。 SQL Server では、このメディア ファミリを処理できません。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用して TDE 対応データベースのバックアップを圧縮しないでください。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server 2019 の累積的な更新プログラム 16

問題を回避するには、この修正プログラムと共にバックアップを作成する必要があります。 ターゲット インスタンスに固定 CU をインストールし、修正なしで作成したのと同じバックアップを復元しようとしても機能しません。

詳細情報

重要: SQL Server 2019 CU16 以降では、TDE 対応データベースの圧縮バックアップ (データベースまたはログ) の作成では、CU16 以降がインストールされているインスタンスでのみ復元できる新しいバックアップ形式が使用されます。

SQL Server 2019 バージョン CU15 以前のインスタンスで CU16 以降で作成された TDE 対応データベースの圧縮バックアップの復元が失敗し、次のエラーが発生します。

  • RESTORE DATABASE

    Msg 3013、レベル 16、状態 1、Line <LineNumber>

    RESTORE DATABASE が異常終了しています。

    Msg 9004、レベル 21、状態 1、Line <LineNumber>

    データベース 'TDE_DB' のログの処理中にエラーが発生しました。 可能であれば、バックアップから復元します。 バックアップを使用できない場合は、ログを再構築することが必要な場合があります。

  • RESTORE LOG

    場所: mediaRead.cpp:1018

    式: readSize <= m_Demand

    SPID: 84

    プロセス ID: ProcessID

    Msg 3013、レベル 16、状態 1、Line <LineNumber>

    RESTORE LOG が異常に終了しています。

    Msg 3624、レベル 20、状態 1、Line <LineNumber>

    システム アサーション チェックが失敗しました。 詳細については、SQL Server エラー ログを確認してください。 通常、アサーションエラーは、ソフトウェアのバグまたはデータの破損によって発生します。 データベースの破損を確認するには、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。 セットアップ中にダンプを Microsoft に送信することに同意した場合は、ミニ ダンプが Microsoft に送信されます。 更新プログラムは、最新の Service Pack またはテクニカル サポートの修正プログラムで Microsoft から入手できる場合があります。

 RESTORE HEADERONLY と RESTORE FILELISTONLY は、この問題の影響を受けず、すべてのケースで機能します。

RESTORE VERIFYONLY は、上記のシナリオに従って無効な完全バックアップに対して正常に返される場合があります。RESTORE VERIFYONLY を使用して、上記の問題に対処せずにバックアップを復元できることを確認しないでください。 通常、ログ バックアップに対する RESTORE VERIFYONLY は、上記の実際の RESTORE LOG と同じエラーと共に失敗します。

そのため、TDE およびバックアップ圧縮を有効にできるコンテキストでは、他の SQL Server 2019 インスタンスからのバックアップを使用するすべての SQL Server 2019 インスタンスが、バックアップ 資料を生成するインスタンスの前に CU16 (またはそれ以降) を受け取るようにすることが重要です。 ログ配布アーキテクチャは、このような状況の主な例です。最初にセカンダリ インスタンスをアップグレードします。

圧縮を使用してトランザクション ログバックアップを作成した後は、通常、圧縮なしで再作成することはできません。 そのため、このような状況でログ配布プライマリ サーバーを SQL Server 2019 CU16 以降にアップグレードすると、セカンダリ サーバーもアップグレードされるまで復元ジョブが中断されます。

TDE 対応データベースの非圧縮バックアップ、TDE が有効になっていないデータベースの圧縮バックアップ、または TDE に対して有効になっていないデータベースの圧縮されていないバックアップでは、CU16 で導入された新しいバックアップ形式は使用されず、任意のバージョンの SQL Server 2019 インスタンスで復元できます。

そのため、SQL Server 2019 CU16 より前のバージョンの SQL Server インスタンスに TDE 対応データベース マテリアル (完全バックアップまたはトランザクション ログ バックアップ) を復元する場合は、バックアップ圧縮を無効にする必要があります。

SQL Server の新しい累積的な更新プログラムには、前のビルドにあったすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 お使いのバージョンの SQL Server の最新のビルドをインストールすることをお勧めします。

SQL Server 2019 の最新の累積的な更新プログラム

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×