LDAP クエリ、ドメイン コント ローラーの再起動、またはユーザーのログオンで誤った結果が Windows Server 2012 R2 の拒否します。

Windows Server 2012 R2 ベースのドメイン コント ローラー上に発生する 3 つの関連性のない問題について説明します。これらの問題を解決するには、この資料の更新プログラムを使用します。この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件および再起動の必要性のセクションを参照してください。

この更新プログラムで修正される問題

問題 1

時に型指定された属性 (LDAP 構文 2.5.5.11) の比較を含む日付のライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クエリを実行する場合、Active Directory ドメイン サービスは間違った結果を返す可能性があります。

たとえば、クエリ フィルターを使用して LDAP クエリのように (&(objectClass=*) (whenChanged < = 19410404161039.0Z)) 暦年 1941 オペレーティング システムのリリースの開始前に変更された任意のオブジェクト クラスがオブジェクト クラスのすべてのエントリを返すためにのクエリを実行する = * します。期待される結果は、このようなクエリが 0 のオブジェクトを返す必要があります。

問題 2

ドメイン コント ローラーが自動的に再起動します。この問題は、ユニバーサル グループ メンバーシップのキャッシュが有効になっている場合、ローカル セキュリティ機関サーバー サービス (LSASS) がクラッシュを処理できないために発生します。時にドメイン コント ローラーの再起動、イベント ID 1173 を次のいずれかのようなが記録されます: 重要なデータ項目、イベントは、例外コードの内部 ID。「E00」と下 4 桁は、3 桁数字を開始するときは、この問題は、"03fb"にすることがあります。

問題 3

ユーザーは、自分のパスワードが変更された後にコンピューターにログオンできません。この問題は、パスワード同期をブランチ ドメイン コント ローラーとプライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) との間に遅延が発生したために発生します。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update および Microsoft ダウンロード センターから入手できます。Windows Server 2012 R2 でのみこの問題に従っている場合でも、この更新プログラムは Windows 8.1 にも適用されます。

重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「」を参照してください。

方法 1: Windows Update

この更新プログラムが提供されている Windows Update での推奨される更新プログラムとして。Windows Update を実行する方法の詳細については、「」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

オペレーティング システム

更新プログラム

サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows 8.1

Download

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1

Download

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 R2

Download

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 上にインストールする必要があります。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。



再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要があります。



更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

次の表では、すべてを網羅したリスト以外の Active Directory と Exchange 属性をその後、2.5.5.11 の構文です。

LDAP 表示名

属性の共通名

構文

createTimeStamp

作成のタイムスタンプ

2.5.5.11

dSCorePropagationData

DS コア伝搬データ

2.5.5.11

dXAConfReqTime

ms-Exch-DXA-Conf-Req-Time

2.5.5.11

dXAImpSeqTime

ms-Exch-DXA-Imp-Seq-Time

2.5.5.11

dXAReqSeqTime

ms-Exch-DXA-Req-Seq-Time

2.5.5.11

dXASvrSeqTime

ms-Exch-DXA-Svr-Seq-Time

2.5.5.11

dXATemplateTimeStamp

ms Exch ・ DXA ・ テンプレート ・ タイムスタンプ

2.5.5.11

expirationTime

ms Exch 有効期間

2.5.5.11

fRSTimeLastCommand

FRS の時間-最後のコマンド

2.5.5.11

fRSTimeLastConfigChange

FRS 時間の最後の構成の変更

2.5.5.11

gWARTLastModified

ms-Exch-GWART の最終更新

2.5.5.11

meetingEndTime

meetingEndTime

2.5.5.11

meetingStartTime

meetingStartTime

2.5.5.11

modifyTimeStamp

変更のタイムスタンプ

2.5.5.11

msDFS-LastModifiedv2

ms-DFS-Last-Modified-v2

2.5.5.11

msDS 日時

ms DS-日付-時間

2.5.5.11

msDS-エントリ-時間-する-ダイ

ms-DS-Entry-Time-To-Die

2.5.5.11

msDS LocalEffectiveDeletionTime

ms-DS-Local-Effective-Deletion-Time

2.5.5.11

msDS LocalEffectiveRecycleTime

ms-DS-Local-Effective-Recycle-Time

2.5.5.11

msExchAuthNextEffectiveDate

ms-Exch-Auth-Next-Effective-Time

2.5.5.11

msExchChatStartTime

ms の Exch ・ チャット ・ スタート ・ タイム

2.5.5.11

msExchDeletionPeriod

ms Exch 削除期間

2.5.5.11

msExchELCExpirySuspensionEnd

ms-Exch-ELC-Expiry-Suspension-End

2.5.5.11

msExchELCExpirySuspensionStart

ms-Exch-ELC-Expiry-Suspension-Start

2.5.5.11

msExchFirstSyncTime

ms-Exch の同期が初めて

2.5.5.11

msExchGalsyncLastSyncRun

ms-Exch-Galsync-Last-Sync-Run

2.5.5.11

msExchLastExchangeChangedTime

ms-Exch-Last-Exchange-Changed-Time

2.5.5.11

msExchLastUpdateTime

ms Exch-最後の更新の時

2.5.5.11

msExchLitigationHoldDate

ms Exch 訴訟-保留中の日付

2.5.5.11

msExchMailboxAuditLastAdminAccess

ms-Exch-Mailbox-Audit-Last-Admin-Access

2.5.5.11

msExchMailboxAuditLastDelegateAccess

ms-Exch-Mailbox-Audit-Last-Delegate-Access

2.5.5.11

msExchMailboxAuditLastExternalAccess

ms-Exch-Mailbox-Audit-Last-External-Access

2.5.5.11

msExchOABLastTouchedTime

ms-Exch-OAB-Last-Touched-Time

2.5.5.11

msExchOrganizationUpgradePolicyDate

ms-Exch-Organization-Upgrade-Policy-Date

2.5.5.11

msExchPolicyLastAppliedTime

ms-Exch-Policy-Last-Applied-Time

2.5.5.11

msExchRelocateTenantStartLockdown

ms-Exch-Relocate-Tenant-Start-Lockdown

2.5.5.11

msExchRelocateTenantStartRetired

ms-Exch-Relocate-Tenant-Start-Retired

2.5.5.11

msExchRelocateTenantStartSync

ms-Exch-Relocate-Tenant-Start-Sync

2.5.5.11

msExchServer1LastUpdateTime

ms-Exch-Server1-Last-Update-Time

2.5.5.11

msExchServer2LastUpdateTime

ms-Exch-Server2-Last-Update-Time

2.5.5.11

msExchSetupTime

ms Exch 段取り時間

2.5.5.11

msExchShadowWhenSoftDeletedTime

ms-Exch-Shadow-When-Soft-Deleted-Time

2.5.5.11

msExchStsRefreshTokensValidFrom

ms-Exch-Sts-Refresh-Tokens-Valid-From

2.5.5.11

msExchTeamMailboxExpiration

ms-Exch ・ チームのメールボックスの有効期限

2.5.5.11

msExchWhenMailboxCreated

ms Exch-と-メールボックスの作成

2.5.5.11

msExchWhenSoftDeletedTime

ms-Exch-When-Soft-Deleted-Time

2.5.5.11

msTSExpireDate

MS TS ExpireDate

2.5.5.11

msTSExpireDate2

MS-TS-ExpireDate2

2.5.5.11

msTSExpireDate3

MS-TS-ExpireDate3

2.5.5.11

msTSExpireDate4

MS-TS-ExpireDate4

2.5.5.11

promoExpiration

ms Exch-プロモーションの期限切れ

2.5.5.11

schemaUpdate

スキーマ更新

2.5.5.11

spaceLastComputed

ms Exch-領域の最後の計算

2.5.5.11

whenChanged

変更

2.5.5.11

whenCreated

時に作成されました。

2.5.5.11

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用しているについて説明します。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターにおけるこれらのファイルの日付と時刻は、現在の夏時間を使用したローカル時刻で表示されます。ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

注:

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、およびサービス区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示されているように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    サービス区分

    6.3.960 0.18xxx

    Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2

    RTM

    GDR

  • GDR サービス区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「追加ファイル情報」セクションに一覧表示されています。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

x86 Windows 8.1

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Ntdsa.mof

該当なし

227,765

18-Jun-2013

12:21

該当なし

Ntdsai.dll

6.3.9600.18189

2,590,208

06-Jan-2016

16:39

x86

x64 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Ntdsa.mof

該当なし

227,765

18-Jun-2013

14:45

該当なし

Ntdsai.dll

6.3.9600.18189

3,683,328

06-Jan-2016

16:51

x64


x86 Windows 8.1

ファイルのプロパティ

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

1,591

日付 (UTC)

07-Jan-2016

時刻 (UTC)

20:27

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_76f4217c1bfaaa3b92bc5b2e31e5a579_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18189_none_04823c4b449d3f37.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

712

日付 (UTC)

07-Jan-2016

時刻 (UTC)

20:27

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows-d..toryservices-ntdsai_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18189_none_856ad689d4b81184.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

3,352

日付 (UTC)

06-Jan-2016

時刻 (UTC)

18:54

プラットフォーム

該当なし

x64 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2

ファイルのプロパティ

ファイル名

Amd64_8d850ef1841aabf615a693755ed5496a_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18189_none_f20164ebddec8658.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

716

日付 (UTC)

07-Jan-2016

時刻 (UTC)

20:27

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Amd64_microsoft-windows-d..toryservices-ntdsai_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18189_none_e189720d8d1582ba.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

3,356

日付 (UTC)

06-Jan-2016

時刻 (UTC)

19:48

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Update.mum

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

2,052

日付 (UTC)

07-Jan-2016

時刻 (UTC)

20:27

プラットフォーム

該当なし


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×