MAPI |CDO のクライアントは、Exchange Server 2013 に接続できません。

現象

Microsoft Outlook ではないプログラムを使用して、自動検出要求を実行すると、自動検出応答には、無効の Outlook Anywhere 設定が含まれています。これらの設定は、MAPI クライアントがネゴシエートする認証プロトコルではなく NTLM 認証プロトコルを使用する必要があることを示します。

したがって、MAPI クライアントの Microsoft Exchange Server とのコラボレーション データ オブジェクト (MAPI または CDO)、接続を使用して Microsoft Exchange Server 2013 のサーバーに接続するのにはこの種類のクライアント アプリケーションを使用する場合は失敗します。

解決策

この問題を解決するには、次の累積的な更新プログラムをインストールします。

Exchange Server 2013 の累積的な更新 6

原因

この問題は、クライアントを識別しない場合自体として Microsoft Outlook の自動検出要求に NTLM 認証プロトコルが使用されるために発生します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×