Microsoft は音声認識テクノロジを改善しながら、プライバシーをどのように保護しますか?

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。

Microsoft は、音声認識技術を使用する Microsoft 製品を改善するためにお客様の音声データを使用する許可を求める方法を更新しています。 その結果、音声設定のほか、音声データの管理方法にもいくつかの変更が加えられます。 

その簡単な概要は次のとおりです。

  • お客様の許可を得て、音声クリップ (音声を使用して Microsoft の製品やサービスを操作するときに話すことをオーディオ録音したもの) をサンプリングして、音声認識技術の向上と音声認識モデルのトレーニングを目的として聞くことがあります。 音声クリップは、Microsoft の従業員または請負業者のみが聞くことができ、音声認識技術の改善にのみ使用されます。

  • 音声クリップの提供をオプトインしない場合も、引き続き音声対応の製品やサービスを使用できます。

  • また、音声データの管理方法も変更します。これは、プライバシー ダッシュボードに表示される音声データに影響を与えます。 音声クリップは保存時に匿名化され、Microsoft アカウントやその他の Microsoft ID に関連付けられることはありません。 新しい音声データは、Microsoft アカウントのプライバシー ダッシュボードに表示されなくなります。 

  • これらの変更をサポートするために、製品ごとに新しい音声設定が展開されます。 これらの変更をすべての製品に均一に適用するために、2020 年 10 月 30 日以降、製品の改善を目的とした音声データのログ記録を停止しました。 今後の製品改善のためにお客様が音声クリップを提供することに同意しない限り、その目的のために音声データをサンプリングして聞くことはありません。 

  • これらの変更は、Microsoft が 2020 年 10 月 30 日より前に製品または機能から収集し、保持していた音声データには影響しません。

  • Microsoft とユーザーのプライバシーに関する詳細情報は、「Microsoft プライバシー ステートメント」を参照してください。

音声クリップとは何ですか?

音声クリップは、音声を使用して Microsoft の製品やサービスを操作するときに話すことをオーディオ録音したものです。 お客様が自分の声を使って Microsoft 製品を操作するとき、Microsoft の音声認識技術はお客様が発する音声を自動的に言葉に生成し、Microsoft のサービスが応答できるようにします。たとえば、Cortana を使用してリマインダーを設定する場合、音声認識技術を使用してコマンドをテキストに変換し、Cortana がコマンドを設定できるようにします。 新しいオプトイン音声設定を使用すると、Microsoft に対して、音声認識技術を改善するためにこれらの音声クリップをサンプリングして聞く許可を与えることができます。 

Microsoft が音声クリップの提供を依頼するのはなぜですか?

音声クリップを使用して、Microsoft の音声認識技術が、あなたとあなたの言語を話すすべての人にとって、より良く、より正確で、より精度の高いものになるようにトレーニングできるからです。 たとえば、Microsoft の音声対応製品を日常的に使用していただくことで、音声認識モデルは、アクセントや地域の方言など、人々の話し方における複雑で微妙な違いがある側面や、さまざまな言語での文の構造を学習し、より適切に認識できるようになります。 音声クリップのサンプリングは、周囲の騒音が多いときや対照的に静かなときなど、さまざまな音響設定での会話の理解においてもテクノロジの向上に役立ちます。 

この改善により、より良い音声対応機能の構築が可能になり、すべての製品とサービスにメリットをもたらすことになります。

Microsoft では私のプライバシーを保護するために何が行われますか?

お客様の音声クリップは、Microsoft の自動化されたソフトウェアによって匿名化されます。 これは、お客様の Microsoft アカウントへの関連付けや、お客様にたどり着けるデバイス識別子をすべて削除することを意味します。 また、電話番号、社会保障番号、クレジット カード番号などの長い数字文字列を自動的に削除し、メール アドレスのように聞こえるものもすべて削除します。

お客様が使用を許可した Microsoft の音声対応製品またはサービスを、自分以外の人が操作できるようにする場合は、その人たちが、ここに説明されているように自分の音声クリップが Microsoft によって使用されることを理解し、同意していることを確認する責任があります。 また、音声クリップの録音時に他の音が聞こえる場合は、それらの音も録音される場合がありますのでご注意ください。

誰が私の音声クリップにアクセスできますか?

音声認識技術の構築と改善を目的として、Microsoft の従業員またはベンダーが Microsoft を代表して、音声クリップを確認することがあります。 Microsoft では、従業員またはベンダーが音声データを確認する前に、以下の方法でユーザーのプライバシーを保護します。データの匿名化の手順を実行し、関連するベンダーやその従業員に対して秘密保持契約書の提出を求め、従業員とベンダーが高度なプライバシー基準を満たすようにします。 

音声クリップは、どこにどのくらいの期間保存されますか?

音声クリップは、匿名化された後、安全な暗号化されたサーバーに保存されます。 サンプリングと聞き取り用に提供していただいた音声クリップは、最大 2 年間保持し、その間にサンプリングを行います。 音声クリップをサンプリングする場合、音声認識モデルのトレーニングと改善を継続できるように、2 年以上保持する場合があります。 

これらの変更はどの製品に影響しますか?

これらの新しい音声設定は、製品ごとに利用できるようになります。 Microsoft Translator、SwiftKey、Windows、Cortana、HoloLens、Mixed Reality、Skype 音声翻訳など、さまざまな Microsoft 製品が今後数か月にわたって音声データの制御と設定を更新する予定です。 その間、お客様の許可を得ずに、製品の改善のために音声クリップをサンプリングして聞くことはありません。

この変更は、音声認識技術を統合するすべての Microsoft 製品に影響を与えるわけではありません。 たとえば、Xbox には音声機能がありますが、現在、製品の改善を目的としてお客様の音声クリップをサンプリングして聞く予定はなく、音声設定を更新する予定もありません。

また、Office アプリとサービスには音声機能がありますが、現在、お客様の音声クリップをサンプリングして聞くことはありません。

これらの変更は、Microsoft Teams 会議のレコーディングなど、他のサービスによって保存された他のオーディオ録音にも影響しません。 

account.microsoft.com のプライバシー ダッシュボードに音声データが表示されなくなったのはなぜですか?

これらの変更をすべての製品に均一に適用するために、2020 年 10 月 30 日以降、製品の改善を目的とした音声データのログ記録を停止しました。 

2020 年 10 月 30 日以降に提供することに同意した音声クリップは、Microsoft アカウントに関連付けられません。 これにより、新しい音声データはプライバシー ダッシュボードに表示されなくなります。 Microsoft は、コピーを保持している場合に限り、以前に収集され、Microsoft アカウントに関連付けられた音声データをプライバシー ダッシュボードに表示します。 

音声クリップはアカウントに関連付けられなくなりますが、音声アクティビティに関連付けられた情報は、Microsoft 製品の使用条件に従って引き続き使用され、Microsoft アカウントに関連付けられる場合があります。 Microsoft アカウントに関連付けられているその他のアクティビティ データを表示または削除するには、[検索][閲覧] などのプライバシー ダッシュボードのアクティビティの履歴ページをご確認ください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×