Microsoft セキュリティ更新プログラムの検出と展開の手引き

はじめに

マイクロソフトでは、セキュリティ更新プログラムに対応した検出ツールと推奨される展開方法の情報を提供しています。この継続的な取り組みの一環として、Microsoft Security Response Center (MSRC) の特定のリリース サイクルでリリースされるすべての更新プログラムを対象とした検出と展開の手引きを提供しています。

この手引きには、マイクロソフトのさまざまなオペレーティング システム環境で想定されるシナリオに基づく推奨事項が記載されています。この手引では、次のようなツールの使用方法について説明します。

  • Windows Update

  • Microsoft Update

  • Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA)

  • Windows Server Update Services (WSUS)

  • Microsoft System Center Configuration Manager 2007 (Configuration Manager 2007)

  • Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003

  • Extended Security Update Inventory Tool

この資料では、この一覧にある一部の検出および展開製品でサポートされていないことがあるマイクロソフトのソフトウェアについて説明します。

注: マイクロソフトは、2011 年 4 月 12 日をもって SMS 2.0 のサポートを終了しました。SMS 2003 についても、マイクロソフトは 2011 年 4 月 12 日を持って Security Update Inventory Tool (SUIT) のサポートを終了しました。 にアップグレードすることをお勧めします。SMS 2003 Service Pack 3 を引き続き使用しているお客様は、 (ITMU) も選択できます。




詳細

検出および展開

Windows Update、Microsoft Update、および Office for Mac Web サイトを使用してセキュリティ更新プログラムの検出と展開を行う場合

Windows Update

Windows Update では以下の製品がサポートされています。

  • Windows XP

  • Windows Server 2003

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

Microsoft Update

Microsoft Update では以下の製品はサポートされていません。

  • Visual Studio 2002

  • Visual Studio 2003

  • Platform SDK: GDI+

  • すべての Macintosh 製品

  • MSN Messenger

  • Windows Live Messenger

Office for Mac Web サイト

Office for Mac Web サイトでは、以下の製品のサポートされています。

  • Microsoft Office 2004 for Mac

  • Microsoft Office X for Mac

  • Microsoft Office 2008 for Mac

  • Microsoft Office 2011 for Mac

Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) 2.2 を使用してセキュリティ更新プログラムを検出する場合

MBSA 2.2 では、以下の製品はサポートされていません。

  • Visual Studio 2002 または Visual Studio 2003

  • Platform SDK: GDI+

  • すべての Macintosh 製品

  • MSN Messenger または Windows Live Messenger

オフライン スキャンおよびオンライン スキャン

  • オンライン スキャン
    オンライン スキャンは、MBSA 2.2 によりスキャンされるシステムが Microsoft Update に接続できる場合に行われます。これは、完了したスキャン レポートに表示されます。

  • オフライン スキャン
    オフライン スキャンは、MBSA 2.2 によりスキャンされるシステムが、WSUS によって管理されている場合や、Wsusscn2.cab オフライン カタログの使用をシステムに強制するセキュリティで保護されたオフライン環境に存在している場合に行われます。

Windows Server Update Services (WSUS) を使用してセキュリティ更新プログラムを検出および展開する環境

次の WSUS を使用している場合、セキュリティ更新プログラムを検出および展開できます。

  • WSUS 3.0 SP2

WSUS では以下の製品はサポートされません。

  • Visual Studio 2002

  • Visual Studio 2003

  • Platform SDK: GDI+

  • すべての Macintosh 製品

  • MSN Messenger

  • Windows Live Messenger

SMS 2003 または Configuration Manager 2007 を使用してセキュリティ更新プログラムを検出および展開する環境

次のいずれかを使用している場合、セキュリティ更新プログラムを検出および展開できます。

  • SMS 2003 と SUS Feature Pack の組み合わせ

  • SMS 2003 と Inventory Tool for Microsoft Updates (ITMU) の組み合わせ

  • Configuration Manager 2007

注意事項

  • SMS 2003 Service Pack 3 (SP3) は、Windows Vista および Windows Server 2008 の管理機能をサポートしており、これらの管理機能を使用するために必要です。

  • SMS 2003 と SUS Feature Pack を使用してすべてのセキュリティ更新プログラムを検出するには、Extended Security Update Inventory Tool が必要です。

  • SMS 2003 と ITMU および Configuration Manager 2007 の組み合わせでは、以下の製品はサポートされません。

    • Visual Studio 2002

    • Visual Studio 2003

    • Platform SDK: GDI+

    • すべての Macintosh 製品

    • MSN Messenger

    • Windows Live Messenger

  • SMS 2003 と SUS Feature Pack の組み合わせでは、以下の製品はサポートされません。

    • Microsoft Expression Web

    • Microsoft Expression Web 2

    • Microsoft Host Integration Server 2000、2004、および 2006

    • Report Viewer 2005

    • Report Viewer 2008

    • Windows Media Player 11

    • Microsoft QL Server 2005

    • SQL Server 2008

    • Visual Studio 2008

    • Microsoft Exchange Server 2007

    • Exchange Server 2010

    • 2007 Office system

    • Office 2010

    • Windows Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、または Internet Explorer 9

    • Windows Vista

    • Windows 7

    • Windows Server 2008

    • Windows Server 2008 R2

    • Search Server 2008

    • x64 ベース版のすべての Windows または SQL Server

    • Itanium ベース版のすべての Windows または SQL Server

  • SMS 2003、SUS Feature Pack、SMS 2003 ITMU、および Configuration Manager 2007 では、どの Macintosh 製品もサポートされません。

頭字語表

「検出および展開の手引きの要約」セクションの表をわかりやすくするために以下の頭字語を記載しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×