概要

この資料では、Microsoft Azure のサイト回復のプロバイダーの更新プログラム ロールアップ 6 (バージョン 5.1.1070) に含まれる修正プログラムについて説明します。この更新プログラムをインストールする前に検証する必要がある前提条件、修正プログラムの詳細について説明します。

概要

Microsoft Azure サイト復旧プロバイダーを Windows Azure の HYPER-V Recovery Manager のプロバイダーのバージョン 5.1.1000 またはそれ以降のバージョンがインストールされているすべてのシステムに適用するには、プログラムのロールアップ 6 を更新します。これらを以下に示します。

  • Microsoft Azure サイト回復プロバイダーには、System Center Virtual Machine Manager (3.3 。x.x)

  • HYPER-V の Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー (4.6 。x.x)



この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムを適用した後は、次の問題が修正されます。

  • 仮想マシンのディスクは 3 GB よりも小さい場合、Azure の設置 (フェールバック) の仮想マシンへのフェイル オーバーは成功ではありません。

  • 仮想マシンのフェールオーバーでは、[保護ジョブを終了し、「内部エラーのため操作に失敗しました」のメッセージが表示されます。

  • 仮想マシンの保護を有効にすると、次のエラーで失敗します。

    仮想マシンの保護を有効にすることができませんでした。(エラー コード: 70117)[コンピューター名] の仮想マシンのディスク構成が変更されました。

更新プログラムの情報

この問題を解決するには、Microsoft ダウンロード センターからこの更新プログラムをインストールします。

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download 更新プログラムのロールアップ 6 の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムをインストールするには、Microsoft Azure HYPER-V 回復マネージャー (バージョン 3.5.468.0 またはそれ以降) インストールされているプロバイダーが必要です。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×