Microsoft Azure 回復サービス エージェントの必須の更新: 2018年 2 月

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

説明の更新、新機能、改善、および修正 Azure のバックアップ用 Microsoft Azure 回復サービス (MARS) のエージェントのバージョン2.0.9109.0のします。この更新プログラムは、Azure にデータを転送するため、Microsoft Azure のバックアップと Microsoft Azure サイト回復 (ASR) によって使用されます。

キーの更新

すぐにこの更新プログラムをダウンロードする必要があります 2 月 15 日の前にインストールとも呼ばれるAzure のバックアップ エージェントのバージョン2.0.9083.0より前は、Microsoft Azure 回復サービス (MARS) エージェントのバージョンを現在使用している場合2018。 これを行うアクセス制御サービス (ACS) の廃止のためのバックアップとリカバリのエラーを避けるためにします。環境内で、MARS のエージェントの以前のバージョンのサーバーを判別する方法およびそれらを更新する方法の詳細については、次の TechNet のブログ記事を参照してください。

Azure のバックアップ エージェントを更新します。

重要な更新プログラム

オフライン ・ バックアップ ・ ワークフローの強化

Azure クラシック ポータル (これは以前はhttps://manage.windowsazure.comから利用可能) のサポートの後に、お客様の大量の最初のバックアップ ・ データを送信するのには、オフライン バックアップを有効にするのには、次の改良を行いましたAzure へのディスクです。

  • パブリッシュ設定ファイルをダウンロードする新しいリンク

    オフライン ・ バックアップ ・ ワークフローに必要な発行の設定ファイルです。

    Azure パブリック クラウドを使用しているお客様の場合は、ファイルは次の web サイトで利用可能なようになりました。

    https://portal.azure.com/#blade/Microsoft_Azure_ClassicResources/PublishingProfileBlade
    中国のお客様は、ファイルは、次の web サイトで利用可能です。

    https://portal.azure.cn#blade/Microsoft_Azure_ClassicResources/PublishingProfileBlade
    アメリカ合衆国では Azure 政府のクラウドのお客様は、ファイルは、次の web サイトで利用可能なです。

    https://portal.azure.us#blade/Microsoft_Azure_ClassicResources/PublishingProfileBlade

  • Azure を更新するオフライン ・ バックアップ ・ ユーティリティが強化されたジョブをインポートし、Azure からジョブの状態を取得します。

    AzureOfflineBackupDiskPrep.exeツール (< MARS_Installation_Directory >\Microsoft Azure Recovery Services Agent\Utils\AzureOfflineBackupDiskPrep) 今すぐできますを更新する、Azure の配送情報Azure ポータルに移動することがなくツールから直接バックアップが作成したインポート ジョブです。

    同じツールは、Azure ストレージ アカウントに、ディスクからのデータ転送の状態だけでなく、Azure のインポート ジョブの状態を抽出するのには今すぐ使用できます。

    AzureOfflineBackupDiskPrep.exe ユーティリティ

    AzureOfflineBackupDiskPrep.exe ユーティリティ

    注: お客様はディスクでのバックアップ ・ データをインポートするのにはクラシック ・ タイプのストレージ アカウントだけ CSP ではないサブスクリプションで使用する必要があります。

    ワークフローと新機能を活用する方法の詳細については、 Azure のバックアップでのオフライン ・ バックアップ ・ ワークフローを参照してください。

機能強化およびこの更新プログラムで修正される問題

  • 誤って報告される blob がステージングの場所に正常にコピーされていない場合でも、ステージングの場所の最初のバックアップを正常に完了することがあるオフライン ・ バックアップ ・ ワークフローの問題を修正します。

  • Azure の仮想マシンに MARS のエージェントのバックアップが失敗の原因となったし、次のエラー メッセージが生成される問題が修正されます。

    仮想ディスク サービスで予期しないエラーが発生したため、バックアップを開始できませんでした。仮想ディスク サービスを再起動し、バックアップ ・ オペレーションを再試行します。問題が解決しない場合は、仮想ディスク サービス (0x086c6) のイベントのシステム イベント ログを確認します。


    エラー メッセージのスクリーン ショット:

    ジョブのエラー メッセージを詳細します。

  • システム状態バックアップの失敗の原因となると、次のエラー メッセージが生成される問題が修正されます。

    Windows Server バックアップにシステム状態のバックアップ開始前に、操作がタイムアウトしました。Windows Server バックアップと、wbadmin コマンド ライン ツールがインストールされていることを確認します。https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732081(v=ws.11).aspx

  • いくつかのシステム状態のバックアップとリカバリを成功の機能強化により、します。

  • いくつかのバックアップとリカバリ ファイルとフォルダーのバックアップの成功を向上します。

  • いくつかのユーザー補助機能と信頼性の修正と強化になります。

更新プログラムの情報

この更新プログラムを適用するには、Microsoft Azure リカバリのサービス ・ エージェントの最新バージョンをインストールします。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Azure のリカバリ ・ サービス ・ エージェントの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×