概要

この資料では、新機能、改善、および Microsoft Azure 回復サービス (MARS) エージェントのバージョン 2.0.9062.0 の Azure のバックアップに含まれている修正プログラムについて説明します。Azure にデータを転送するため、このエージェントが Microsoft Azure のバックアップと Microsoft Azure サイト回復 (ASR) の両方で使用されます。

新機能と改良点

  • Azure のバックアップが予定されている領域のサポート

    これは、Azure のバックアップ領域の今後の復旧サービスのボルトに登録を正式にサポートする MARS エージェントの Azure のバックアップの最初の更新です。この更新プログラムでは、使用可能な場合、既存の領域だけでなく、これらの領域内のすべてのバックアップとリカバリに関連する操作の Azure Active Directory AAD ベースの認証も提供します。

  • インスタント ・ リストア (プレビュー)

    個々 のファイルやフォルダー、Azure は、MARS のエージェントのバージョンでに直接バックアップを復元するのにはクラウドの 1 つ目のアプローチを導入することです。

    現在プレビューでは、インスタント ・ リストアできるように MARS のエージェントとして復元ボリュームでは、回復ポイントの書き込み可能なスナップショットをローカルにマウント以前の MARS エージェントを使用して回復ポイントが作成された場合でもします。ユーザーは、すべてのファイルを参照できますし、およびリカバリ内のフォルダーを選択し、ポイント復元ボリュームからローカル コンピューターにコピーすることで任意のファイル ・ セットと、任意のフォルダーを回復します。

    の可用性:インスタント ・ リストアのプレビューが Azure のバックアップがサポートされている地域 Azure 。

    インスタント ・ リストアを使用すること確認、MARS のエージェントは、ファイルのバックアップ フォルダーに記載されている領域の 1 つのボルトには以前では、MARS、エージェントの更新プログラムをインストールし、手順を実行し、ここで

修正される問題

  • (DPM) 上の複数の保護グループに対して、オンラインのバックアップ ・ ジョブが原因で、以前オンラインのバックアップ ジョブが完了した後に繰り返しエラーが発生する、同期の問題

  • MARS のエージェントがオンライン ・ バックアップの DPM で使用されたときに表示されている不適切なエラー状態を引き起こした問題

  • 仮想サーバーの古いバージョンをチェックするのには、Windows Server 2008 SP2 に MARS のエージェントのインストールの原因となる問題

  • バックアップ/リカバリに関するその他の安定性と信頼性の問題

更新プログラムの情報

この更新プログラムを適用するには、Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンをインストールします。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download icon パッケージを今すぐダウンロードは、Azure のリカバリ ・ サービス ・ エージェントを更新します。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×