Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 更新プログラム2.15

はじめに

Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 8.2 のサービス更新プログラム2.15 が利用できるようになりました。 この記事では、Service Update 2.15 に含まれている修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

詳細情報

更新プログラムパッケージ

バージョン番号

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 更新プログラム2.15

8.2.15.2

組織にこの更新プログラムが適用されているかどうかを確認するには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認します。 右上隅にある歯車アイコンをクリックし、[バージョン情報] をクリックします。

更新プログラムの情報

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 更新プログラム2.15 が利用できるようになりました。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよびオンプレミス) 更新プログラム2.15 パッケージをダウンロードします。

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 更新プログラム2.15 では、次の問題が解決されます。

修復した機能

次の一覧では、機能していないダイナミクスで解決される項目を解決する問題について説明します。

統合インターフェイス

  • X 軸ではなく、Y 軸に対して並べ替えられた横棒グラフ。

  • 言語設定がヘブライ語に変更された場合、[メンバー] サブグリッドの [+] ボタンが完全に表示されませんでした。

エラーメッセージ、例外、およびエラー 

次の一覧は、エラー、処理不能な例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害が発生する問題を解決するための解決策を詳しく示しています。

プラットフォームサービス

  • V 8.0 環境から v 8.2 on/オンプレミス環境にデータベースをインポートしようとすると、エラーが発生しました ("ユーザーの処理中にエラーが発生しました...アカウントの場合...AttributeMetadataNotFoundException: ' ユーザー名 ' エンティティに、Name = ' applicationid '. "の属性が含まれていません。

リリースリストに戻る

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×