はじめに

Microsoft Dynamics 365 のポータル機能バージョン9.0.6.7 は、すべてのユーザーがグローバルに使用できるようになりました。 この記事では、この更新プログラムに含まれていた機能と拡張機能について説明します。また、リリースの範囲についても説明します。 日付とそれに対応するサポート技術情報の記事の全一覧については、このサポート技術情報の記事を参照してください。

ポータル機能バージョン9.0.6.7 にアップグレードする

このリリースには、ポータルホストのバージョン9.0.6.7 とソリューションバージョン 9.0.6.1 (dynamics 365 org バージョン 9. x) と 8.4.6.2 (dynamics org バージョンのバージョン>= 8.1) が含まれています。新しいソリューションパッケージは、ポータルホストのアップグレードがグローバルに完了した後で利用できます。ポータルホストは、Microsoft によって自動的に更新されますが、ソリューションパッケージをアップグレードするには、組織がアクションを実行する必要があります。

ソリューションパッケージが更新されるまでは、ポータル管理者やユーザーは一部の拡張機能を利用できません。 ポータルソリューションパッケージをアップグレードする方法については、 このサポート技術情報の記事を参照してください。

Microsoft Dynamics 365 のポータル機能バージョン9.0.6.7 で導入された新機能

このリリースの一部として、新しい機能もいくつか導入されています。

  • Dynamics 365 ポータルアプリ: dynamics 365 ポータルアプリは、ユーザーと通信して共同作業するために、オンラインプラットフォームを構成および管理するための新しいエクスペリエンスを提供します。Dynamics 365 ポータルソリューションバージョン9.0 以降をインストールすると、統合インターフェイスフレームワーク上に構築された Dynamics 365 ポータルアプリが、そのようなボックスから作成されます。

  • ポータルのリセット: 別の位置情報または別のテナントに移動して、ポータルを使用しないようにする場合は、ポータルをリセットできるようになりました。ポータルをリセットすると、ポータルのホストされているリソースが削除され、ポータル URL にアクセスできなくなります。詳細情報: ポータルをリセットする

  • ポータルのベース url を変更する: ポータルのプロビジョニング後に、ポータルのベース url を変更できるようになりました。たとえば、ポータルのプロビジョニング時にベース URL として contosocommunity.microsoftcrmportals.com を選択した場合は、必要に応じて後で contosocommunityportal.microsoftcrmportals.com に変更できます。詳細情報: ベース URL を変更する

 

新機能の詳細については、 こちらを参照してください。

ポータル機能バージョン9.0.6.7 で解決された問題

バージョン9.0.6.7 では、次の問題が解決されます。

  • エンティティフォームの "成功メッセージ" は、構成で別のメッセージが指定されている場合でも、常に "申請が正常に完了しました" としてレンダリングされていました。

  • グローバル検索では、ポータルでファセットが有効になっている場合、二重引用符 (") やアンパサンド (&) などの特殊文字は無視されます。

  • ナレッジ記事レコードへのコンテンツアクセスレベルの変更は、記事レコードが変更されるまで検索に反映されませんでした。

  • エンティティリストのアクションボタンは、逆方向にレンダリングされました。

  • 操作が必要であることを確認する必要がある場合、エンティティリストに指定されたワークフローアクションが機能しませんでした。

  • [関連レコードの作成] アクションは、エンティティリストで呼び出されたときには機能せず、エンティティフォーム内でのみ機能します。

  • Dynamics Lookup セットフィルターは、エンティティ権限でグローバルスコープが連絡先エンティティに指定されている場合にのみ動作します。

  • 選択モードが checkbox またはラジオボタンである場合、動的参照セットフィルターにすべてのレコードが表示されませんでした。

  • じょうごグラフが正しく表示されませんでした。

  • 英語以外のポータルの場合、エンティティフォームの構成がポータルコメントに設定されている場合でも、添付ファイルは既定で notes エンティティに保存されていました。

  • エンティティリストでの並べ替え記号は、ビューに既定値として設定されたものとは反対のものでした。

  • 一部の英語以外の言語では、Bing マップで位置座標が切り捨てられました。

  • ポータルでフロントサイドエディターを使用して画像を挿入しようとすると、[イメージの挿入] が機能しません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×