Microsoft Dynamics 365 バージョン 9.0.6.7 のリリースのためのポータルの機能

はじめに

ポータル Microsoft Dynamics 365 の機能バージョン 9.0.6.7 はすべてのユーザーに対してグローバルに使用できるようになりました この資料では、機能とリリースのスコープと同様に、この更新プログラムに含まれていた拡張機能について説明します。 日付とその対応する KB 資料にリリースされたすべてのポータルの更新の完全な一覧を参照してくださいこの KB 資料

ポータル機能のバージョン 9.0.6.7 へのアップグレード

このリリースには、ポータルのホストのバージョン 9.0.6.7 および 9.0.6.1 のソリューションのバージョンが含まれています (Dynamics 365 組織バージョン 9.x) と 8.4.6.2 (Dynamics 組織のバージョンとバージョンの > = 8.1). グローバル ポータルのホストのアップグレードが完了した後、新しいソリューション ・ パッケージが表示されます。ポータルのホストは、Microsoft によって自動的に更新されますが、ソリューション パッケージをアップグレードするのには、組織内でアクションを実行する必要があります。

ソリューション パッケージが更新されるまで、いくつかの機能強化はポータルの管理者やユーザーに利用可能なできません。 ポータル ソリューション パッケージをアップグレードする方法の詳細については、この KB 資料を参照してください。

Microsoft Dynamics 365 のポータル機能のバージョン 9.0.6.7 で導入された新機能

このリリースの一部としていくつかの新機能を導入したこと。

  • Dynamics 365 ポータル アプリケーション:「Dynamics 365 ポータル アプリケーションを構成し、、オンラインのプラットフォームのコミュニケーションや顧客との共同作業を管理する新しいエクスペリエンスを提供します。Dynamics 365 ポータル ソリューション バージョン 9.0 以降をインストールすると、インタ フェースの統合フレームワーク上に構築、Dynamics 365 ポータル アプリケーションが作成ボックスのです。

  • ポータルをリセット: 別の地理位置情報または他のテナントに移動しようとしていますし、もう、ポータルを使用する必要がある場合、ポータルを今すぐリセットされます。ポータルをリセットしてポータルのホストされているリソースが削除されると、ポータルの URL はアクセスできません。詳細:ポータルをリセットします。

  • ポータルのベース URL を変更: ために準備した後、ポータルのベース URL を変更できます。などのポータルを提供しているときにベース URL として contosocommunity.microsoftcrmportals.com を選択した場合後で変更できます、contosocommunityportal.microsoftcrmportals.com に、要求に応じて。詳細:ベース URL を変更

 

新機能の詳細についてを参照してここで

ポータル機能のバージョン 9.0.6.7 で解決済みの懸案事項

バージョン 9.0.6.7 には、次の問題が解決されます。

  • 「成功メッセージ」エンティティ フォーム常にレンダリングされる場合であっても「送信は正常に完了しました」と別のメッセージには、構成で指定されました。

  • グローバル検索が 2 倍、quotes(") またはアンパサンドなどの特殊文字を無視する (&)、ポータルのファセットが有効な場合です。

  • サポート技術情報の記事レコードにコンテンツのアクセス レベルの変更、記事のレコードが変更されるまで検索に反映されなかった。

  • エンティティ] ボックスの一覧のアクション ボタンは、反対方向に表示を取得するでした。

  • ワークフロー アクションが、[エンティティ] ボックスの一覧に指定されているは、アクションには、確認が必要な場合に動作しませんでした。

  • 関連レコードの操作が機能しない場合に作成エンティティ] ボックスの一覧と、エンティティ フォーム内から呼び出されました。

  • Dynamics のルックアップでは、エンティティのアクセス許可] で、取引先担当者エンティティにグローバル スコープが指定されている場合、フィルターがのみ有効に設定します。

  • すべてのレコードは、選択モード] チェック ボックスまたはラジオ ボタンをしたときに動的な検索フィルターの設定で説明しました。

  • じょうごグラフを正しくレンダリングしませんでした。

  • 英語以外のポータルでは、エンティティ フォームの構成は、ポータルのコメントに設定されている場合でも添付ファイルがメモ エンティティに既定で格納されていました。

  • [エンティティ] ボックスの一覧の並べ替えのシンボルは、ビューの既定値として設定されたものに反対をしました。

  • 場所の座標は、Bing Maps で英語以外の言語によっては切り捨てられました。

  • 挿入の画像が使えない場合、ポータルの前面にあるエディターを使用してイメージを挿入しようとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×