Dynamics 365

はじめに

サービス更新プログラム 9.0.30 for Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 9.0 が利用可能になります。 この記事では、Service Update 9.0.30 に含まれる修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

詳細情報

更新プログラム パッケージ

バージョン番号

Service Update 0.30 for Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 9.0

9.0.30.2

組織がこの更新プログラムを適用したかどうかを判断するには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認します。 右上隅の歯車アイコンを選択し、[バージョン情報] を選択します。

更新プログラムの情報

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) Update 0.30 が利用可能になります。

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) Update 0.30 パッケージを今すぐダウンロードします。

サービス更新プログラム 0.30 では、次の問題が解決されます

修復された機能

次の一覧は、機能していたが現在は修復されている Dynamics の項目の詳細です。

  • [価格表アイテム] エラーと [検索] Full-Text検索。

  • 動的レコード リンク URL を中心に HTML 構文を追加するワークフロー テンプレート。

  • v9.0 バージョンExcel移行後に Dynamic Excel更新エラーが発生しました。

  • 管理ウィンドウに関連するエンティティ列を含む動的マーケティング リストには、列数が多すぎるというメッセージが表示されます。

  • ケースを再アクティブ化して、リンクされた BPF エンティティ レコードを再アクティブ化しない。

  • "必須Excelアクセスが許可されません" というエラーが表示される場合にエクスポートします。

  • ローカリゼーションの修正。

注: 修正の説明の末尾にアスタリスク (*) が付いている場合、この修復項目が複数のサービス更新プログラム リリースに組み込まれたことを示しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×