テンプレート: AX の修正プログラムのテンプレート

BUG #: 190204 (コンテンツ管理)

この資料は、欧州連合 (EU) 地域の Microsoft Dynamics AX に適用されます。

はじめに

この資料では、更新プログラムが Microsoft Dynamics AX 2009 Service Pack 1 (SP1)、EU 配信文書の校正を管理するために使用できるについて説明します。

この更新プログラムは、次の機能を有効にします。

企業が、EU のエントリの証明書、配送先国 (EU エントリ証明書)、お客様によって署名された証明を受け取ると、ドキュメントは Microsoft Dynamics AX にアップロードすることができます、EU の配信の証明として、関連する請求書にリンクします。この証明は、eu 加盟国への販売の付加価値税 (VAT) に発行される請求書に必要なこの証明は税務当局が実施する監査の利用可能である必要があります。デンマーク、他の EU 国への配信の証明が主な商品によって収集されるデンマークの EU 顧客との要求。

  • エントリの証明書の新しい仕訳帳を指定する場合はアカウントの証明書を受信するマネージャーへの売掛金勘定の仕訳帳で実行できます。この仕訳帳の上部のセクションでは、すべての発行された証明書が表示されます。この仕訳帳では、サード パーティの証明書の新しいレコードを作成することもできます。

  • ドキュメント管理でドキュメントとしては、お客様によって署名された証明書をアップロードできます。アップロードされた証明書は証明書明細行のアップロードの証明書のフィールドのマーキングと自動的にアクティブにします。

  • エントリの証明書の仕訳帳の下のセクションでは、新しい行を作成できます。行を作成するときは、この証明書の請求書を検索することです。サード パーティの証明書は、検索対象のサード パーティの証明書のフォームの [uppers] セクションで行が作成された顧客の請求書が表示されます。

  • 監査のソースは、請求仕訳帳です。請求書仕訳帳で、各請求書の顧客からの署名された証明書が必要か (顧客および販売注文の設定の既定値) は必要ありません、または、署名証明書が既に受信されている場合を確認できます。

  • エントリの証明書] ボタンと、[ステータスの変更] オプションを使用して、証明書、請求書のステータスを変更できます。


詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/support/お客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

「解決方法」セクションでは、最新 service pack または修正プログラムとして、この修正プログラムが提供されているかを示しています。比較およびテストには、オリジナルの修正プログラムはhttp://hotfix web サイトで利用可能です。

インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用する必要があります。
この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を893082

必要条件

この更新プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Dynamics AX 2009 SP1

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×