はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2013 Service Pack 1 (SP1) があります。この資料では、更新プログラムおよびこの service pack に含まれる変更について説明します。Microsoft Dynamics CRM Online では、このリリースを CRM オンライン春 ' 14 と呼びます。

この service pack は、Microsoft Dynamics CRM 2013 でサポートされているすべての言語を使用できます。

注: マイクロソフトは、Citrix XenApp 6.5 を XenApp インスタンスは 1 つ上の Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM のセッション仮想化されている設定をサポートします。そのサポートは、Microsoft Dynamics CRM 2013 Service Pack 1 の Outlook 専用です。


Citrix の展開は、他の構成に基づく複雑な構成のトポロジを含めることが、これらはサポートされていませんを注意してください。たとえば、これらの構成はサポートされていません。

·XenApp (version 6.5) を除く、XenDesktop、XenServer とこれらの製品のバージョンと同様に、Citrix 製品

·アプリケーションのストリーミング モード

·モードのアプリケーションの配置

·負荷分散のオプション

·アプリケーションの仮想化は、ネットワークとストレージの仮想化テクノロジー) などの他の仮想化テクノロジーの上層に位置

このリリースの新機能のすべてを表示するには、次の Microsoft Dynamics CRM の顧客中心の web サイトを参照してください。

次のリリースを準備します。

Microsoft Dynamics CRM のリリース ノート

重要 Microsoft Dynamics CRM の 2013 SP1 には、Microsoft Dynamics CRM 2013 の更新プログラムのロールアップ 2 に含まれているし、も新しい更新プログラムを含むすべての更新プログラムが含まれています。2013 SP1 の CRM は、CRM 2013 SP1 に基づく将来の更新プログラムのロールアップの必要になります。

CRM 2013 および CRM 2013 SP1 以降の更新プログラムのロールアップの詳細については、次のマイクロソフト TechNet のトピックを参照してください。

更新プログラム Microsoft Dynamics CRM 2013

詳細

この service pack の番号とファイルの名前を作成します。

プログラムのロールアップ パッケージ

ビルド番号

ファイル名 (32 ビット版)

ファイル名 (64 ビット版)

Microsoft Dynamics CRM 2013年サーバー

6.1.0000.0581

該当なし

CRM2013-Server-KB2941390-LangID-amd64.exe

Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2013

6.1.0000.0581

CRM2013-Client-KB2941390-ENU-LangID-i386.exe

CRM2013-Client-KB2941390-ENU-LangID-amd64.exe

2013 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM

6.1.0000.0581

CRM2013-Router-KB2941390-LangID-i386.exe

CRM2013-Router-KB2941390-LangID-amd64.exe

Microsoft Dynamics CRM の 2013年の言語パック

6.1.0000.0581

CRM2013-Mui-KB2941390-LangID-i386.exe

CRM2013-Mui-KB2941390-LangID-amd64.exe

2013年の Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能

6.1.0000.0581

該当なし

CRM2013-Srs-KB2941390-LangID-amd64.exe

サービス パックの情報

2013 SP1 の Microsoft Dynamics CRM は、設置のお客様に使用できます。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Download Microsoft Dynamics CRM 2013年のサービス パック 1

Windows の更新プログラムのインストール自動的に Microsoft Dynamics CRM の 2013 の Service Pack 1 をインストールするのにには、Windows Update を使用します。この service pack は 2014年の第 2 四半期に Windows Update から入手可能になります。

推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を構成することができます。この設定が重要でない問題に対処し、コンピューティング エクスペリエンスを向上させることです。オプションの更新プログラムはダウンロードまたはこの設定を使用するときに自動的にインストールできません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定に関する詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

自動更新のオンとオフを有効にします。

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。
Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM の 2013 の Service Pack 1 をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、更新、検索の開始] ボックスに入力します。

  2. 結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。

  4. 表示される場合こと、重要なは、更新が利用可能かを確認するように求める、重要な更新チェックをオンの状態のボックスを更新したメッセージは、インストール、および、[ OK] をクリックします。

    注: 更新プログラムの詳細についてをクリックします。

  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。

  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意 (更新には、この操作が必要です) の場合、[完了] をクリックします。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合はこれを行うメッセージが表示されたら、条項に同意することを確認します。

手動インストールMicrosoft Dynamics CRM の 2013 の Service Pack 1 を手動でインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトに移動します。

    Microsoft Update カタログ

  2. [検索] ボックスでは、 2941390を入力して検索] をクリックします。

  3. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。

  6. [続行] をクリックし、同意するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する] をクリックします。

  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。

Microsoft 更新プログラム カタログについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

323166の方法は、ドライバーおよび修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードするには

インストールに関する詳細情報

  • この service pack をインストールした後、既存の Microsoft Dynamics CRM セッションを終了し、Microsoft Dynamics CRM の新しいセッションを開始します。

  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は既定の言語設定に戻ります。Reprovisioning プロセスは、ユーザーの言語設定を更新しません。したがって、Microsoft Dynamics CRM 2013 にログオンするとき、ユーザーは個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

再起動の必要性コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、service pack を適用した後は。

アンインストール情報Microsoft Dynamics CRM の 2013 の Service Pack 1 は、プログラムを以前のバージョンにロールバックするのには Microsoft Dynamics CRM サーバーからアンインストールできません。


Service Pack 1 には、次の問題が解決されます。

  • 文字データのフィールドを選択すると、ウィザードで差し込み印刷を使用して、簡易キャンペーンを使用して作成する場合と、エラーがスローされます。
    "エラーが発生しました。ホーム ページに戻り、再試行してください」

  • CRM 2013 を使用するいるし、IFD またはクレームを使用していないベースの認証、Yammer の統合によって作成されたリンクは Url のパスの正しいされません。Yammer のフィード用に作成されたリンクには、orgname が存在しません。

  • Dynamics CRM の Ipad アプリケーションでの検索フォームに表示されない、[新規] ボタンを追加します。

  • コントロールのラベルを変更するのには、setLabel 関数を呼び出すし、コントロールとしてマークされていることが必要になったときは、必要なアスタリスクが削除されます。これは、コントロールが推奨されているとマークし、setLabel 関数を使用してラベルを変更する場合にも発生します。ラベルを変更した後、入力要求レベルを設定しようとすると後のではなくラベルの前にアスタリスクが表示されます。

  • フォーム エディター、システム カスタマイザーとシステム管理者の役割は、フォームにアクセスして場合によっては、これらのロールにユーザーを防止するフォームに適用されているセキュリティを使用して Microsoft Dynamics CRM の 2013 の簡易作成フォームを作成するときは、フォールバックを使用するユーザー フォームがない場合に CRM にアクセスすることはできません。

  • 所有者を更新するリアルタイムのワークフローを使用してアクティビティを更新するとエラーが発生:「があるアクティビティの所有者は 1 人だけのパーティ」

  • フォーム上のソーシャル ウィンドウを持つエンティティには Microsoft Dynamics CRM 2013 で無効になって、投稿の構成があり、コントロールをフォーム エディターで [メモ] タブに既定値に設定、コントロールは、[アクティビティ] タブに既定されます。

  • 同期ワークフローが更新時にエラーで失敗した場合: ビジネス プロセスのエラー:「予期しないエラーが発生しました

  • CRM 2013 web クライアントと outlook クライアントを使用して、エンティティ レコードを表示するときは、スクリプト エラーが発生する可能性があります。 または継続的に更新するのにはエンティティ フォームのサブ グリッドが表示されます。スクリプト エラーが発生した場合に < メッセージ > オブジェクトの詳細に < やメッセージ >

  • 未解決の送信者の電子メール アドレスとして表示されていない未解決の電子メール フォームで、大文字と小文字への変換が行われない

  • 顧客は、CRM Online の前に、カスタマイズをテストするために CRM オンラインのデータベースの POC 2013 にアップグレードを要求した場合は、それら CRM 2013 オンプレミス データベースにインポートすることはできません。インポートは、いくつかのソリューション コンポーネントが削除されないことを示すエラーで失敗します。これは、CRM Online に秋 2013 の更新プログラムに顧客を選択した場合に発生します。

  • ソーシャル] ペインで、Microsoft Dynamics CRM の 2013 の活動の説明に大量のテキストを持つをロードしようとすると、ユーザーが次のエラー発生: シリアル化または逆シリアル化を JSON JavaScriptSerializer を使用中のエラーです。文字列の長さは、ここのプロパティで設定された値を超えています。

  • 受信メールは、転送用メールボックス] オプションとサーバー側の同期を使用すると受信メールが配信されるユーザーとキューの関係者の環境設定とは関係なく、前方から CRM にメールボックスが配信されます。たとえばにいる関係者、ユーザーが電子メールに含まれている場合のみ、そのユーザーは CRM 電子メールに対する返信電子メールを受け入れると、CRM への応答がない場合に関係なくすべての電子メールが表示されます次の電子メールを送信します。

  • ソーシャル CRM フォームのウィンドウで既存のノートのメモの内容をクリックすると、メモの内容を変更するには、なしをクリックする、フォーム上の別の場所、メモが変更されます。しかし何も変更します。

  • ページが更新すると、ユーロ記号を入力するには、alt キーを押し (AltGR) + E を入力します。

  • SDK preventDefault が取引先企業レコードからの非アクティブ化を停止するのには動作していません

  • サブグリッドのレコードのいずれかを開き、次へをクリックすると、レコードからレコードを表示するにも、ときに固定され、スクリプト エラーを表示し。

    モード: Jscript
    ソース:"src\Application\web\ScriptSharp\_Common\Scripts\Global\Menu\Dialog.cs"

  • グリッドの URL で使用される空間が発生する URL としてレンダリング、URL の先頭に追加の http:// を追加するのにはhttp://http://

  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントにサービス活動を開いたり閉じたりするには、サービス カレンダーの親リボンは 1 つの空白のタブを表示することが。

  • ユーザー検索表示の日本語版 CRM 2013 英語の CRM とは異なり完全な名前の列が含まれています。

  • 会計年度の設定] メニューの [後置形式の設定は、既定の空白の設定から変更できません。

  • インポート、インポート ロジックは、RibbonDifBase 内の各エントリの 2 つの値を作成します。ですが、このいずれかのチェックはありませんし、DB から直接 XML に 2 つの値をエクスポート アプリケーション リボンをエクスポートしているとき。新しい組織にインポートする場合に作成されます 4 の値テーブル RibbonDiffBase。ソリューションは、同じ組織に再度インポートする場合、エラーが発生します。

  • SetVisible 2013 SDK の Microsoft Dynamics CRM のクライアント API は、セクションまたはフォルダー タブを非表示にするフォームで使用する場合、値が特定の属性に有効な場合でもをオフにするフォーム上のすべての検証エラーを引き起こすことができなくなります。

  • イントラネット展開内の特定の受信メール条件内での潜在的なデータ傍受シナリオを制御する、組織の拡張機能を追加します。

  • CRM 2013 内をアクティブにし、ワークフローを非アクティブ化するには Impersonate(actonbehalf) 特権を持つユーザーを許可する変更が発生しました。アクティブにし、UI の他のユーザーが所有するワークフローを非アクティブ化する適切なアクセス許可を持つユーザーもことができます。作成してこれを行うと新しい線ユーザーを公開するワークフロー ベースでこのワークフローの所有者です。ワークフローは、ユーザーの範囲に設定されている場合、このワークフローが、こうしたユーザー (ユーザーこれを公開します。) 起動のみ

  • メモの説明を入力するときに次のように数字が含まれている Microsoft Dynamics CRM の 2013「ランチ 2 @」または「1234567899」が正しく表示されません。

  • いくつかのフィールドにデータが失われる保存および同期 CRM Outlook クライアントを使用する場合、フィールドからフォーカスを移動しない場合

  • 側のサーバーの同期を使用して、電子メールのユーザーのメールボックスの構成を同期するとき、追跡対象の電子メールを表示するのには、web クライアントを使用する場合メール内の埋め込み画像が表示されません。

  • ユーザーは、フォーム、または Microsoft Dynamics CRM 2013 では読み取り専用のフィールドにテキストを選択できません。

  • アクティビティ フィードの投稿の壁から、"like"機能がポルトガル語ブラジルで正しく翻訳されていません。"Gostar"ではなく"Como"をすることをお勧めします。ユーザーは、「Como」をクリックすると、「Gostar (desfazer)」になります。フィードを壁のコンセントから、"like"の機能を変換します。"Como"がアクティビティに表示されます"Gostar"ではなく壁を投稿します。

  • 潜在顧客を評価し、複製の作成、認定プロセスを避けるために既存のアカウントまたは連絡先を指定するシナリオを検討してください。潜在顧客] フォーム上のフィールドの parentaccountid または parentcontactid が存在しない場合は、ダイアログ ボックスで既存のアカウントと連絡先のレコードが指定されているかどうかに関係なく新しいアカウントと連絡先のレコードが作成されます。

  • 変換電話呼び出しが要求されたとき、新しい営業案件レコードを開けません

  • 場合は UR15、UR16、または UR11cu、2011 の Outlook クライアントを使用すると、CRM Server 2013 のバージョンが必要です。以外の [ダッシュ ボードまたはサイトマップのすべての領域から高度な検索をクリックするとビューでは、アクセス許可が拒否されました、アクセスが拒否されましたスクリプト エラーが生成されます。

  • 組織の一意の名前、表示名は、厳密に同じ場合 CRM 2013 内でユーザーの画像が読み込まれていません。

  • コンポーネントを上書きする場合、更新プログラムのロールアップの 16 の障害が発生したとソリューションのインポートが失敗します。

  • カスタム数値書式を使用すると、グラフは、適切な番号書式を持つデータ ポイントを表示、ただし、この形式は適用されませんの x 座標と y 軸

  • 「通貨が設定されていない」と、価格をオーバーライドし、新しい営業案件製品を追加します。

  • とき Outlook 用の Microsoft Dynamics CRM 2011 クライアントの履歴を手動で連絡先として結合される他のメンバーに下位のレコードでは、連絡先が同期すること正しくない Outlook に Outlook クライアントを再構成する場合。

  • ビジネスに必要なフィールドが空白にするのに変更された場合は JavaScript のメソッドはありません。

  • カスタム プラグイン UI で例外はスローされません。

  • CRM 2011 に 2013 または CRM 2011 の予定のインポート先のカスタマイズのアップグレード後、ユーザーにはエラーが表示される予定の保存中にポップアップします。

    このフィールドのカスタマイズされたイベントにエラーが発生しました。
    Field:crmform
    Event:onsave

    エラー: オブジェクトは、プロパティまたはメソッド 'Form_onsave' をサポートしていません

  • 2013 年 Microsoft Dynamics CRM で、ユーザーは、同じ接続の役割に一致するつながりロールを設定することはありません。

  • OData を使用してクエリを実行するエンドポイントを返します 500 内部サーバー エラーでは、Dynamics CRM 2013

  • Dynamics CRM ユーザーはドキュメントの場所に基づいて、エンティティの中心構造と同様に、複数のドキュメントの場所を追加することはできません: アカウント/< アカウント >/opportunity/< opportunityname >

  • CRM 2013 での監査のパーティションを削除することはできません。

  • 更新プログラムのロールアップの 16 の後の予定の [所有者の変更を作成できません。

  • 取引先担当者エンティティから開かれている高度な検索画面のリボン バーに [差し込み印刷] ボタンをクリックすると、何もしません。

  • CRM レポートを更新プログラムのロールアップの 16 をインストールした後は、IFRAME オブジェクトに埋め込まれている (フォームまたはダッシュ ボードの/etc...) Internet Explorer 9 または Internet Explorer 10 を使用すると正しく表示されなく

  • CRM 電子メール ルーターを使用すると、それに追加の guid を持つ着信電子メールの添付ファイルのファイル名が作成されます。

  • 保存して閉じる] ボタンは保存されませんの予定または定期的な予定を入力することができます。

  • Dynamics CRM 2011 の Dynamics CRM 2013 フォームへのエンティティのフォームの結合の後の翻訳ファイルをエクスポートするのに翻訳のラベルがありません。

  • CRM Online でのワークフローを編集するか、CRM 2013 あるカスタム ワークフロー アクティビティをワークフローで使用することができますが、ワークフローで使用、フォームが編集する準備が完了する前に長い時間がかかります。これは、エラーの可能性があり、ワークフローを編集することはできません。

  • 並べ替えを変更するとエラーが発生した場合、Outlook クライアントの CRM ビューに条件付き書式を適用すると、注文し、このビューの 2 ページ目に移動する:「エラーが発生しましたこのビューでレコードを表示します」。


Microsoft Dynamics CRM の 2013 の Service Pack 1 には、手動で構成する必要がある更新プログラムが含まれています。製品の更新プログラムを受信するで選択する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2013 または Microsoft Dynamics CRM Online での製品の更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet のトピックを参照してください。

製品の更新プログラムをインストールします。この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×