概要

この資料では、Microsoft Dynamics CRM 2011 のセットアップの更新プログラムを入手する方法について説明します。この資料では、セットアップの更新プログラムを手動で配置する方法も説明します。

詳細

Microsoft Dynamics CRM 2011 のインストール時、または Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードする場合は、セットアップの更新プログラムを確認できます。セットアップ更新プログラムを確認するためのオプションを選択すると、アプリケーションは新しいセットアップ更新プログラムをダウンロードし、セットアップ プロセスの実行中に、インストールに適用します。

Microsoft Dynamics CRM サーバーにインターネット接続がある場合は、 Microsoft Dynamics CRM の更新プログラムを入手を選択、インストール中にします。セットアップ更新プログラムが利用可能な場合、更新のダウンロードし、インストールに適用します。

Microsoft Dynamics CRM サーバーがインターネットに接続、または、セットアップの更新プログラムを手動で展開する、次の手順に従います。

  1. セットアップの更新プログラムを入手するには、次のマイクロソフト web サイトにアクセスします。

    サーバーの Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムをセットアップします。

  2. すべて以前にリリースされたセットアップの更新プログラムが今すぐに含まれてもすべてのプログラムと更新プログラムのロールアップ 6 までの修正プログラムを含むサーバーのスリップ ストリーム インストールします。現在、他のセットアップの更新プログラムは利用できるはありません。



  3. バージョン番号は、更新プログラム ロールアップ 6 のインストールに対応を確認するに、SetupServer.exe を右クリックし、ビルド番号が 5.0.9690.1992 であることを確認の詳細] をクリックします。

  4. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。

  5. ページの右上部分には、バスケットの表示] をクリックします。

  6. [ダウンロード] をクリックします。

  7. ダウンロードの場所を選択し、[続行] をクリックします。

  8. Microsoft 更新プログラム カタログは、ダウンロードの名前を使用するフォルダーを作成し、.cab ファイルをフォルダーにコピーし、します。この例では、 Microsoft Dynamics CRM サーバーの 2011 年のセットアップの更新プログラムのフォルダーが作成されます。.Msp ファイルを表示するのには .cab ファイルを開きます。.Cab ファイルは、Microsoft Dynamics CRM サーバーの 2011 をサポートするすべての 25 の言語に含まれます。

  9. 任意の場所に .msp ファイルを抽出します。

  10. セットアップ プロセスの Config.xml ファイルを作成します。
    Config.xml ファイルの例を次に示します。追加できるその他の xml 要素については、『 実装ガイド 』 を参照してください。http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh367371.aspx

    <CRMSetup>
    <Server>
    < 修正プログラムの更新プログラム ="true"> 、.msp ファイルへのパス (例: c:\temp\ Server_KB2434455_amd64_1033.msp)</修正プログラムを適用する >
    </Server>
    </CRMSetup>

  11. 構成フォルダーにセットアップ ファイルを実行します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×