Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムがあります。

CRM の 1 つの修正プログラムのテンプレート

BUG #: 136650 (コンテンツ管理)

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムがあります。この資料では、修正される問題およびこの更新プログラムに含まれている修正プログラムについて説明します。この更新プログラムは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語で使用できます。

詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の電子メール ルーター用の Microsoft Office Outlook、Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントの Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー リリース候補者への更新プログラム パッケージのビルド番号は、5.0.9688.53 です。

更新プログラムのロールアップ パッケージの 32 ビット バージョンのファイル名は次のとおりです。

  • CRM2011-Client-KB2461081-LangID-i386.exe

  • CRM2011-Router-KB2461081-LangID-i386.exe

更新プログラム パッケージの 64 ビット バージョンのファイル名は次のとおりです。

  • CRM2011-Server-KB2461081-ENU-amd64.exe

  • CRM2011-Client-KB2461081-LangID-amd64.exe

  • CRM2011-Router-KB2461081-LangID-amd64.exe

更新プログラムの情報

自動インストール

自動的に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムをインストールするには、Windows Update を使用できます。推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を設定することもできます。クリティカルでない問題に対処でき、コンピューティング環境を向上させます。オプションの更新プログラムはダウンロードまたは自動的にインストールできません。

マイクロソフトが公開している更新の種類に関する詳細については、自動更新のオンとオフを有効にしてWindows をインストールまたは更新プログラムについてユーザーに通知する方法の変更を参照してください。


Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、検索ボックスで、更新プログラムを入力します。結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。

  3. 利用可能な更新プログラムや重要な更新プログラムを確認するメッセージが表示されます、その重要なことを示すメッセージが表示された場合は、表示およびインストールするのには重要な更新プログラムを選択します。

  4. の一覧で、詳細については重要な更新プログラムをクリックします。をインストールする更新プログラムのチェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。

  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意し、更新プログラムが必要な場合は [完了] をクリックします。 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードの入力、または確認を行います。


手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム 2460181 を手動でインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。
    http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx

  2. [検索] ボックスに 2461081 を入力し、検索] をクリックします。

  3. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。

  6. [続行] をクリックし、同意するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する] をクリックします。

  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。

Microsoft Update カタログの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

323166の方法は、ドライバーおよび修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードするには

インストールに関する詳細情報

この更新プログラムのロールアップをインストールした後は、Windows Internet Explorer の一時ファイルを削除します。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. Internet Explorer を起動します。

  2. [ツール] メニューをクリックしてインター ネット オプション

  3. 使用する Internet Explorer のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。

    • Internet Explorer 7 では、[閲覧の履歴] 領域の削除] をクリックを選択し、[インターネット一時ファイル] 領域で [ファイルの削除] をクリックし、[はい] をクリックします。

    • Internet Explorer 6 では、インターネット一時ファイル] 領域で、ファイルを削除] をクリックしをクリックし、 OK です

必要条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 のこの更新プログラムのロールアップを適用するためにインストールする必要があります。

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動します。

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

887283 Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの名前付け規則

アンインストール情報

Microsoft Dynamics CRM サーバーにこの修正プログラムを削除することができます。ただし、この更新プログラムをアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。

この更新プログラム Microsoft Dynamics CRM 2011 で解決される問題

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムには、サポート技術情報にこれまで記載されたいない次の問題が解決されます。

  • RON の通貨では、Microsoft Dynamics CRM 2011 で"CountryCurrencyNotSupported"エラー メッセージが表示されます。

  • 変換ウィザードの PC 支払い計器] ページで [キャンセル] をクリックしたときに例外エラーが表示されます。

  • LastUpgradeApproachingNotificationCheck サーバーの設定のテーブルの更新のタイミングに変更が加えられました。

  • オランダ語の言語でOutlook 用 CRM の取得をクリックすると、[実行] オプションが見つかりません

  • キプロス市場のサインアップの数の従業員のリスト番号一覧が正しく表示されません。

  • [表示] タブが正しく表示されないエンティティ グリッド リボンには、最初のタブとして

  • 「エラーが発生しました」エラーが発生した Microsoft Dynamics CRM 2011 でヘルプをクリックするとメッセージ

  • 「SQL Server で指定された照合順序はサポートされていません」エラーが発生するメッセージのテンプレートを提供するとき

  • サブスクリプションを変換しようとすると、ログアウトしてから再度ログインする必要があります。

  • 「ControlFeaturesOnPatchAction」ファイルが実行されません

  • ユーザーのパスワードを変更すると、暗号化されたパスワードが無効になります

  • 電子メール ルーター CRM Live の認証トークンの有効期限が切れたときに電子メールの処理を停止します。

  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードするときに移動すると、ウィザード以外のカスタムの Rrports が公開されていないと、アップグレードを実行

  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版からアップグレードするとき、Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版で候補リストをシステムで作成したカスタムの候補リストのオプションは失われます

  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版の Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードするのには、組織のインポート操作を実行すると表示されます、"'Chart0' のグラフのラベルの式にエラーが含まれています: [BC30057] が多すぎます引数が多 ' パブリック共有関数 GetCultureInfo"のエラー メッセージ

詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の電子メール ルーター用の Microsoft Office Outlook、Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントの Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー リリース候補者への更新プログラム パッケージのビルド番号は、5.0.9688.53 です。

更新プログラムのロールアップ パッケージの 32 ビット バージョンのファイル名は次のとおりです。

  • CRM2011-Client-KB2461081-LangID-i386.exe

  • CRM2011-Router-KB2461081-LangID-i386.exe

更新プログラム パッケージの 64 ビット バージョンのファイル名は次のとおりです。

  • CRM2011-Server-KB2461081-ENU-amd64.exe

  • CRM2011-Client-KB2461081-LangID-amd64.exe

  • CRM2011-Router-KB2461081-LangID-amd64.exe

更新プログラムの情報

自動インストール

自動的に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムをインストールするには、Windows Update を使用できます。推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を設定することもできます。クリティカルでない問題に対処でき、コンピューティング環境を向上させます。オプションの更新プログラムはダウンロードまたは自動的にインストールできません。

マイクロソフトが公開している更新の種類に関する詳細については、自動更新のオンとオフを有効にしてWindows をインストールまたは更新プログラムについてユーザーに通知する方法の変更を参照してください。


Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、検索ボックスで、更新プログラムを入力します。結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。

  3. 利用可能な更新プログラムや重要な更新プログラムを確認するメッセージが表示されます、その重要なことを示すメッセージが表示された場合は、表示およびインストールするのには重要な更新プログラムを選択します。

  4. の一覧で、詳細については重要な更新プログラムをクリックします。をインストールする更新プログラムのチェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。

  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意し、更新プログラムが必要な場合は [完了] をクリックします。 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードの入力、または確認を行います。


手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム 2460181 を手動でインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。
    http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx

  2. [検索] ボックスに 2461081 を入力し、検索] をクリックします。

  3. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。

  6. [続行] をクリックし、同意するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する] をクリックします。

  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。

Microsoft Update カタログの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

323166の方法は、ドライバーおよび修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードするには

インストールに関する詳細情報

この更新プログラムのロールアップをインストールした後は、Windows Internet Explorer の一時ファイルを削除します。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. Internet Explorer を起動します。

  2. [ツール] メニューをクリックしてインター ネット オプション

  3. 使用する Internet Explorer のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。

    • Internet Explorer 7 では、[閲覧の履歴] 領域の削除] をクリックを選択し、[インターネット一時ファイル] 領域で [ファイルの削除] をクリックし、[はい] をクリックします。

    • Internet Explorer 6 では、インターネット一時ファイル] 領域で、ファイルを削除] をクリックしをクリックし、 OK です

必要条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 のこの更新プログラムのロールアップを適用するためにインストールする必要があります。

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動します。

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

887283 Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの名前付け規則

アンインストール情報

Microsoft Dynamics CRM サーバーにこの修正プログラムを削除することができます。ただし、この更新プログラムをアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。

この更新プログラム Microsoft Dynamics CRM 2011 で解決される問題

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムには、サポート技術情報にこれまで記載されたいない次の問題が解決されます。

  • RON の通貨では、Microsoft Dynamics CRM 2011 のバグを"CountryCurrencyNotSupported"エラー メッセージが表示する #: 17217 (CRM SE)

  • 変換ウィザードの PC 支払い計器] ページで [キャンセル] をクリックすると例外エラーが発生した BUG #: 17219 (CRM SE)

  • バグ LastUpgradeApproachingNotificationCheck サーバーの設定テーブルの更新のタイミングに変更が加えられた #: 17443 (CRM SE)

  • オランダ語の言語でOutlook 用 CRM の取得をクリックすると、実行する] オプションが不足してバグ #: 17075 (CRM SE)

  • 従業員の数のリスト、キプロスの市場のサインアップは、リストの番号が表示されますが番号を正しくバグ: 17111 (CRM SE)

  • [表示] タブが正しく表示されないバグ エンティティ グリッド リボンには、最初のタブとして #: 17155 (CRM SE)

  • 「エラーが発生しました」エラーが発生した Microsoft Dynamics CRM 2011 のバグでヘルプをクリックすると、メッセージ番号: 17162 (CRM SE)

  • 「照合順序が SQL Server で指定されているサポートされていません」が表示されたら、テンプレートを提供するときのエラー メッセージは BUG #: 17166 (CRM SE)

  • サブスクリプションを変換しようとすると、必要がある、ログアウトしてからログインし、再度バグ #: 17172 (CRM SE)

  • 「ControlFeaturesOnPatchAction」ファイルが実行されない BUG #: 17194 (CRM SE)

  • 暗号化されたパスワードに無効なバグがユーザーのパスワードを変更すると、#: 17241 (CRM SE)

  • 電子メール ルーター BUG # の CRM Live の認証トークンの有効期限が切れたときに電子メールの処理を停止する: 17276 (CRM SE)

  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードするときに移動すると、ウィザード以外のカスタムの Rrports が公開されていないと、アップグレードが行われて BUG #: 17283 (CRM SE)

  • Microsoft Dynamics CRM 2011BUG ベータ版からアップグレードするときに Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版で候補リストをシステムで作成したカスタムの候補リストのオプションは失われます #: 17369 (CRM SE)

  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のベータ版の Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードするのには、組織のインポート操作を実行すると表示されます、"'Chart0' のグラフのラベルの式にエラーが含まれています: [BC30057] が多すぎます引数が多 ' パブリック共有関数 GetCultureInfo」エラー メッセージのバグ #: 17385 (CRM SE)

  • BUG #: 17386 (CRM SE)バグ #: 17387 (CRM SE)

Author: lmuelle
ライター: v-tinw です。lmueller
Tech Reviewer: chanson
Heisch ・ エディター: v

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×