Microsoft Dynamics CRM 2015年の 0.3 を更新します。

概要

2015 の Microsoft Dynamics CRM は、今後の 0.3 を更新します。この資料では、修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる更新プログラムについて説明します。

この更新プログラムは、Microsoft Dynamics CRM の 2015 年までサポートされているすべての言語に対して利用可能になります。

詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

更新プログラム パッケージ

ビルド番号

ファイル名 (32 ビット版)

ファイル名 (64 ビット版)

Microsoft Dynamics CRM 2015年サーバー

7.0.3.0109

該当なし

CRM2015-Server-KB4018584-LangID-amd64.exe

2015 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM

7.0.3.0109

CRM2015-Router-KB4018584-LangID-i386.exe

CRM2015-Router-KB4018584-LangID-amd64.exe

Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM

7.0.3.0109

CRM2015-Client-KB4018584-LangID-i386.exe

CRM2015-Client-KB4018584-LangID-amd64.exe

Microsoft Dynamics CRM 2015年の言語パック

7.0.3.0109

CRM2015-Mui-KB4018584-LangID-i386.exe

CRM2015-Mui-KB4018584-LangID-amd64.exe

2015年の Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能

7.0.3.0109

該当なし

CRM2015-Srs-KB4018584-LangID-amd64.exe

次のファイルを近い将来に Microsoft ダウンロード センターからダウンロードされます。

Download Microsoft Dynamics CRM 2015年の 0.3 を更新します。

2015 の Microsoft Dynamics CRM は、オンプレミス ユーザーの利用可能なは、0.3 を更新します。

Windows 更新プログラムのインストール 自動的に Microsoft Dynamics CRM 2015 の 0.3 の更新プログラムをインストールするのにには、Windows Update を使用します。この更新プログラムは 2017 年の第 4 四半期に Windows の更新プログラムで利用可能になります。

推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を構成することができます。この設定が重要でない問題に対処し、コンピューティング エクスペリエンスを向上させることです。オプションの更新プログラムはダウンロードまたはこの設定を使用するときに自動的にインストールできません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

自動更新のオンとオフを有効にします。

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。
  Windows Update を使用して Microsoft Dynamics CRM 2015 の 0.3 の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、更新、検索の開始] ボックスに入力します。

  2. 結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。

  4. 表示される場合こと、重要なは、更新が利用可能かを確認するように求める、重要な更新チェックをオンの状態のボックスを更新したメッセージは、インストール、および、[ OK] をクリックします。

    注: 更新プログラムの詳細についてをクリックします。

  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。

  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意 (更新には、この操作が必要です) の場合、[完了] をクリックします。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合はこれを行うメッセージが表示されたら、条項に同意することを確認します。

手動インストール Microsoft Dynamics CRM 2015 の 0.3 の更新プログラムを手動でインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトに移動します。

    Microsoft Update カタログ

  2. [検索] ボックスでは、 4018584を入力して検索] をクリックします。

  3. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。

  6. [続行] をクリックし、同意するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する] をクリックします。

  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。

Microsoft 更新プログラム カタログについての詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

323166 の方法は、ドライバーおよび修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードするには

インストールに関する詳細情報

  • この更新プログラムをインストールした後、既存の Microsoft Dynamics CRM セッションを終了し、Microsoft Dynamics CRM の新しいセッションを開始します。

  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は既定の言語設定に戻ります。Reprovisioning プロセスは、ユーザーの言語設定を更新しません。したがって、2015 の Microsoft Dynamics CRM にログオンするとき、ユーザーは個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

再起動の必要性 コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、更新プログラムを適用した後は。

アンインストール情報 2015 の Microsoft Dynamics CRM を実行しているサーバーから 0.3 に更新プログラムをアンインストールできます。ただし、0.3 に更新プログラムをアンインストールする前に、データベースをバックアップすることを確認します。詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。

データベース全体のバックアップ (SQL Server) を作成します。

バックアップおよび復元システムのデータベース (SQL Server)

0.3 の更新は、次の問題を解決します。

  • 「ISV コードでは、操作を中止しました」エラー メッセージが"InvalidPluginExecutionException"ではなく発生します。

  • 動的ワークシートを更新すると、書式設定 [通貨] および [日付と時刻] 列に変更されます。

  • 売り上げダッシュ ボードから新しい営業案件エンティティ レコードを作成した後は、「'get_dataTableBody' のプロパティを取得できません」が表示されることを示すエラーが発生します。

  • 接続エンティティをカスタム N:1 の関連付けを持つレコードは、差し込み印刷に失敗します。

  • [編集] ペインは、製品の横の編集を選択するときに表示されません。

  • 取引先企業エンティティ レコードに関連する連絡先を表示するときに余分な空白が表示されます。

  • CRM 展開を別のサーバーを追加しようとすると、エラー、「プロダクト キーがインストールされている Microsoft Dynamics CRM のバージョンと互換性のある」が発生します。

  • フルテキスト検索を有効にすると、属性のメタデータは、全文検索用インデックスに変更することはありません。

  • CRM で電子メールを作成する場合、自動保存が発生したときにカーソルが移動します。

  • Crm 電子メールを追跡するためにしようとしたとき、「不正な会話のインデックス」エラーが発生します。

  • エラー"元のデータ形式ではありません、必要な"は、CRM の組織とは異なる日付形式でのレコードをインポートするときに発生します。

  • ChangeCurrency 関数は、通貨を変更せずです。

  • ビジネス プロセス フローの次のステージに移動しようとすると、エラー「がある進化する前に必要な手順を完了する」は、必須フィールドを完了した後に発生します。

  • テストを実行するときに発生するエラー「EndGetResponse が一度だけ呼び出すこと各非同期操作に対して」として一括処理を有効にするとします。

  • 言語がアラビア語に設定されている場合は、大規模なビジネス ・ プロセス ・ フローに水平スクロール バーは表示されません。

  • キャンペーンの反応は、キャンペーンのすべてのアクティビティ ビューでは表示されません。

  • ロールアップ フィールドを追加すた後営業案件エンティティ レコードを削除できません。

  • チェコ共和国の形式を使用しているときにスケジュールの空き時間を検索しようとしています「指定された日付の形式が正しくないまたは日付が有効な範囲外です」が発生するエラーです。

  • 入力できません、ポーランド語文字セットの"S"に、"を:"CRM で作成した電子メールのフィールドです。

  • 混在したコンテンツが読み込まれるときに、[ヘルプ] アイコンを選択するときにエラーが発生します。

  • Yammer のポストの対象ユーザーは、CRM を使用して投稿を行う場合は正しくありません。

  • サーバー側の同期によって作成された取引先担当者エンティティのレコードは、関連付けられている連絡先の電子メール アドレスを姓、名を設定します。

  • レポートは、内部 Url の ADFS の既定以外の組織には表示されません。

  • エラー"予期しないエラーです。エラーが発生しました。次回からこの操作を実行してください"とは、営業案件エンティティ レコードのセールス ・ チームを維持しながら発生します。

  • Outlook 用 CRM から Excel にエクスポートする場合、関連レコードのデータが見つかりません。

  • 製品エンティティ レコードを開く, 高度な検索から、製品の作成] ウィンドウを示しています。

  • エラー定期的な予定を保存した後"レコードを使用できません: 要求されたレコードが見つかりませんでしたまたは表示するための十分なアクセス許可がありません」が発生します。

  • SharePoint の統合を使用して、営業案件、見積もりエンティティの中には、SharePoint ドキュメント ライブラリの適切な場所にレコードは作成されません。

  • Excel の動的なピボット テーブルにエクスポートした後は、特殊文字が正しく表示されない操作を行います。

  • ユーザー レコードの高度な検索を選択した後は、複数のウィンドウが開かれます。

  • 営業案件エンティティ レコードを更新した後、ユーザーの代わりにシステムによって変更されたことを示します。

  • マーケティング メンバーの動的なワークシートへのエクスポートは失敗します。

  • マージが発生した後、マスター レコードには、アカウント エンティティのレコードの下に追加するすべてのアドレスは転送されません。

  • 添付ファイルが削除された場合は、営業資料を開くときにエラーが発生しました。

  • 割当機能を使用する場合は、"Xrm.Page.getAttribute("ownerid").getValue()"から、誤った値が返されます。

  • 動作と子エンティティを削除しようとしています、インターネット ブラウザーのハングが発生する: 参照、制限を削除します。

  • CRM サーバーとしては、追加のサーバーを絶えず発見されています。

  • サーバー側の同期を使用する場合は、特定の状況では、CRM から重複したメールが送信されます。

  • ユーザー設定ビューの列見出しの表示のグリッドに整列は行いません。

  • データのインポートでは、対応するエンティティのレコードに関連付けられたすべてのフィールドはインポートされません。

  • 非アクティブ化] ダイアログでは、既定以外の値を使用する場合は、ステータスを選択するのにはスクロールする必要があります。

  • E-mail Router が、DKIM の検証にある電子メールの同期とエラー無効なメール」に失敗しました。必要なヘッダー項目が見つかりません - 可能性のある下書きアイテムやその他のアイテムを転送すると、このメールボックス」が発生します。

  • 夏時間は、トルコ内のユーザーに対して、10 月 25 日のではなく 8 年 11 月に発生します。

  • 監査履歴を開くときに、同じ入力エラーが発生内の属性のマスク値を重複してください。

  • 同期ワークフローを使用する場合は、SLA 項目の重複したシステム ジョブが作成されます。

  • 新しいワークフロー ステップのプロパティの設定では無効としたときに動的な値が表示されます。

  • 「'HandleEvent' が定義されていないか null 参照のプロパティを取得することができません」のエラー メッセージは、保存されているビューと、結果のボタンには、高度な検索ウィンドウ間で切り替えを行うときに発生します。

  • エラー"何度もこのフィールドにマップします。、重複するマッピングを削除し、もう一度このデータ マップをインポート」は、Excel から発行先のエンティティのデータをインポートするときに発生します。

  • キャンペーン活動エンティティに関連付けられている活動] ビューにアクセスするときにエラーが発生します。

  • アンパサンド (&)、フィルター内の文字を含むユーザー設定のビューを使用する場合、営業案件エンティティでは、エラーが発生します。

  • Exchange 2007 は、Exchange 2007 がサポートされていない場合でも、受信プロファイルを設定する場合、電子メール ルーターに表示されます。

  • 関数 GetSharedRecordIdsForFilteredView では、レポートを生成するときにパフォーマンスの問題が発生します。

  • 「システムのユーザー アカウントが見つかりません」エラーでは、Dynamics CRM を使用して、Outlook 用 crm 電子メールを追跡するためにしようとしたときに発生します。

  • レコードは、カスタムの N:N の関連付けを使用しても、ユーザー設定のサブ グリッドに表示されません。

  • フィルターされたビューでは、ロシア語のタイム ゾーンを使用しているときに正しい結果は表示されません。

  • セミコロンで区切って複数の電子メール アドレスを配置した後、」に:"「は 1 つ以上の一致が見つかりました」が発生したメッセージの行。

  • ソリューションのインポートは、「< GUID > の id を持つ Processtrigger は存在しません」エラーで失敗します。

  • エラー"エラーが発生。操作に失敗しました"では、Dynamics CRM 2015 展開に Dynamics CRM 2013 組織のデータベースをインポートする場合に発生します。

  • 2 人のユーザーが同時に同じ取引先担当者エンティティのレコードを更新するときに、更新プログラムが無限ループが発生するサーバー側の同期を利用するとします。

  • クイック ビュー フォームを新規作成する場合は表示名にコロンとそれが正しく表示されないフォームの一覧で。

  • 招待者は、サーバー側の同期を使用する場合、Outlook 用 CRM で CRM 組織外部のユーザーから予定を追跡することはありません。

  • IsEnabledForOutgoing、IsEnabledForIncoming、IsEnabledForACT、サーバー側の同期から他のオプションを変更した後の変更は反映されません。

  • エラー地域設定が英語以外の値に設定されている場合は、サポート案件エンティティのレコードを保存するときに発生する「TimeTrackingCacheLoader の操作には、いくつかエラーが発生しました」.

  • JAWS スクリーン リーダーは、グリッドの名前または列のヘッダーを読み取れません。

  • 検索ダイアログは、「を表示するマイ レコードのみ」に設定されているにもかかわらず、すべてのレコードを示しています。

  • ルックアップは、ヘブライ語のユーザー インターフェイスを使用しているときに、フォーカスからシフトします。

  • マネージャーは、マネージャーの階層を使用しているときに、マネージャーのユーザーの注文の製品を表示できません。

  • マーケティング リストでは、特定の条件下でのメンバーは表示されません。

  • 営業案件エンティティ レコードを保存するときは、「prvReadConnection の不足」のエラーが発生します。

  • モバイル アプリケーションの CRM は、RibbonDiffXML でロール ベースのアクセス許可に準拠していません。

  • 電話番号のリンクをクリックすると、モバイル アプリケーションの Dynamics CRM の簡易作成フォームが開きます。

  • ダッシュ ボード上の"月"というラベルが誤って変換、フランス語言語パックを使用する場合。

  • ナビゲーション ・ バーでは、ユーザー設定のナビゲーション リンクの画像は表示されません。

  • Outlook 用 CRM では、ダッシュ ボードの [新規] ボタンは表示されません。

  • CRM では、Bing マップ コントロールをユーザーの地域は適用されません。

  • レコードを参照するたびに改行が含まれているメモのレコードが変更されます。

  • 」場合は、基本および拡張テーブルを結合の Microsoft SQL Server のアーキテクチャ上の制限を超える可能性がありますこのマージ操作が失敗する可能性があります"エラーは、組織のインポート中に発生します。

  • 組織レベルの読み取りアクセス権では、階層のセキュリティ設定を上書きします。

  • 検索は、「連絡先」に「既定」から"SetRegardingLookupDefaultEntityType"の OrgDBOrgSetting を変更した後に意図したとおりには機能しません。

  • オフラインにしようとしたときに SQL タイムアウト エラーが発生する Outlook 用 CRM を使用します。

  • SQL 内の一時テーブルを使用するたびに、呼び出しごとに p_CascadeCollect が再コンパイルします。

  • CSS を使用して電子メールの本文には、ソーシャルのウィンドウに含まれている場合に、web ページが正しく表示されません。

  • 新しいエントリを追加する、」に:」または「CC:」フィールドは、以前に追加された受信者を削除されます。

  • 内の受信者、」に:"または"CC:"フィールドは、既存の値を解決するときに表示されなくなりますが。

  • パイプラインの段階は何も表示され、営業案件エンティティ レコードが再度開かれた場合に、営業段階が「見込みあり」に戻ります。

  • マネージド ソリューションをインポートすると、プロセスの状態は更新されません。

  • 見積もりエンティティのレコードを順序のエンティティ レコードに変換した後の製品の配置を変更します。

  • 営業案件、見積もり、および請求書のエンティティのフォームで、製品のサブ グリッドの配置が正しくないです。

  • 重複データ検出ルールでは、関連ビューから潜在顧客エンティティのレコードを限定するにはトリガーされません。

  • クエリ ビルダー エラーは、関連するエンティティの既存製品および Name 属性を使用する場合に、高度な検索で発生します。

  • 読み取り専用のルックアップ フィールドは表示されませんすべてのデータ値を表示する複数の行が必要な場合です。

  • 電子メールは、「不適切な会話のインデックス」のエラーのための CRM への同期に失敗します。

  • エラー] レポートを表示できません。(rsProcessingAborted)」を 20 秒間に複数の事前フィルター処理されたレポートを実行する場合に発生します。

  • ビューを有効に、メッセージの送信を終了した後、「未定義または null 参照の場合は ' get_tagName' のプロパティを取得できません」が表示されることを示すスクリプト エラーが発生します。

  • 競合企業エンティティの [電子メールを送信する] オプションがオンのままに復元またはデータベースをインポートした後です。

  • 必須の出席者は、予定エンティティのレコードから削除される場合は、サービスの予定表は更新されません。

  • SetVisible フィールド上でコードを使用すると、関連付けられているフォームの読み込み遅延が発生します。

  • ソリューションは、ビジネス ・ プロセス ・ フローをカスタム活動エンティティのレコードを含む、ソリューションのインポートは失敗します。

  • 「ステージ」では、ビジネス プロセスのフローを特定の条件の下に表示されなくなります。

  • Tab キーを押しても、記事のテンプレート] ウィンドウで次のフィールドに、カーソルは移動しません。

  • ダッシュ ボードの配置は、[プレビュー] ウィンドウで発生したものと同じ表示されません。

  • ロックされているマーケティング リストからメンバーを削除しようとした後、アプリケーションがハングします。

  • ダッシュ ボードのラベルでは、XSS に対する脆弱性を挿入する可能性を提供します。

  • 削除サービスでは、null の値が LastSyncStartedOn のサブスクリプションは削除されません。

  • GetDirection メソッドは、ビジネス プロセスのフローを常を返します。 [次へ]。

  • エラー"Id を持つレコード = < GUID > が存在しない」の行に複数のレコードを削除した後に発生します。

  • OrgDBOrgSettings エディターでは、"DisableClientUpdateNotification"のパラメーターの変更は許可されていません。

  • スクリプト エラーが発生する取引先担当者エンティティ フォーム内のサブグリッド Outlook 用 CRM マーケティング リストを追加しようとしています。

  • 強調表示または Internet Explorer 11 またはマイクロソフトのエッジを使用しているときに、フォームからテキストをコピーできません。

  • フィールドが、ビューの定義にも使用されている場合に、オプション セット フィールドでビューをフィルター処理できません。

  • カスタム プラグインから生成されたエラーは、形式が正しくありません。

  • 単一のレコードをクリックして、ビューから、活動エンティティのレコードに移動できません。

  • Mozilla の Firefox バージョン 49.0.1 に更新した後ノーツ フィールドを表示するのにはできません。

  • 通貨の計算済みフィールドでは、レポート ウィザードを使用するときに 10 の代わりに 5 つの制限があります。

  • 「記事の電子メール送信」を選択するとしても、CRM で電子メールの本文内アーティクルには設定されません。

  • 電子メール アドレスでは、CRM の取引先担当者エンティティのレコードから削除され、サーバー側の同期を使用して、[同期をすると、Exchange の変更は反映されません。

  • 電子メールは、Outlook 用 CRM に昇格すると、「CRM への連絡」と折り返しの上の進行状況ダイアログ ボックスが表示されます。

  • 活動エンティティのレコードを Excel にエクスポートを実行すると、組織のすべてのアクティブな活動レコードを返します。

  • プラグインは、「戻ることはできません」ダイアログ ・ ボックスを検出すると後の段階のナビゲーションはビジネス ・ プロセス ・ フローの動作をしません。

  • 21 以上の列を追加する場合、レポート ウィザードが失敗します。

  • ない 10 進数の文字の地域の置換を有効に、ピボット テーブルをエクスポートします。

  • 同期の予定は、Outlook のアラームの設定に関係なくアラームを表示します。

  • 同じ SQLServerName で大文字小文字が異なる 2 つの組織がある場合に、MonitoringAgentService がクラッシュします。

  • IFrame のウィンドウの高さは、自動拡張して、使用可能な領域を使用」オプションの影響を受けません。

  • サーバー側の同期を使用して CRM には、削除された電子メール アドレスを持つ連絡先は同期されません。

  • 非同期操作は、「中」または「キャンセル」状態で停滞します。

  • 監査テーブルに大量のデータが含まれている場合は、監査ログを収集する際、SQL エラーが発生します。

  • レポート実行が遅い SQL が効率の悪いクエリ プランを選択します。

  • CRM のコマンドとナビゲーション バーを削除することは無効にボタンを使用します。

  • 処理し、サーバー側の同期を使用してロックされているメールボックスが失敗します。

  • サーバー側の同期は、ユーザー レコードがアクティブでない場合、メールボックスを無効にします。

  • .NET web サービスの呼び出し時に接続が失敗します。

  • 部署エンティティの集計フィールドがある場合、サンド ボックスのコピーが失敗します。

  • トルコ語として現在のタイム ゾーンを設定する場合、それらは確認できなかった場合でも夏時間節約時間の調整が適用されます。

  • 重複する予定、連絡先、およびタスクは、サーバー側の同期を使用する場合に発生します。

  • フィルター条件の編集、「検索列の追加」で以前に選択したオプションはオフにします。

  • サービス レベル契約では、夏時間節約時間の調整が発生したときに残り、誤った時刻を表示します。

  • スケジュールに矛盾がない限り、重複データ検出] ウィンドウが表示されません。

 

Microsoft Dynamics CRM 2015 が含まれていない修正プログラムまたは更新プログラムを手動で構成する必要があるは、0.3 を更新します。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
 

ファイルの情報は、この時点では使用できません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×